営業マンたちの夏のボーナス事情 「205万→今年240万。SUVのカスタム部品の支払いに使うくらい」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

営業マンたちの夏のボーナス事情 「205万→今年240万。SUVのカスタム部品の支払いに使うくらい」

画像はイメージ

ほとんどの民間企業に存在する「営業職」だが、キャリコネニュースの夏のボーナスをテーマにしたアンケートの回答には、比較的「変わらない」「アップした」という声が目立つ。北海道に住む30代後半の男性は、

「昨年とさほど変わらず約90万円、増減無し。製薬会社のため、新型コロナウイルス感染症での影響はそれほどありませんでした。しかしながら、在宅勤務などの影響により、外勤手当(日当)が減ったのは影響あります」(営業/正社員・職員/年収700万円)

と、ここ数年の営業特有の事情も明かした。

※キャリコネニュースでは「夏のボーナス」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから。 https://questant.jp/q/5WFVGPWJ

「テレワークの普及、ビジネスカジュアルに伴い服飾費などは大幅に削減」

「200万円変わらず」と回答したのは、三重県に住む40代後半の営業男性だ。

「住宅ローン及び教育費、残りは将来の貯蓄に使用」(正社員・職員/年収1100万円)

また、最近はテレワークでスーツを着なくなったことも家計的大きいようで、「ビジネスカジュアルに伴い服飾費などは大幅に削減できた」と書いている。

愛知県に住む40代前半の営業男性は、「昨年の夏は205万。今年は240万」と高額な上にさらに増額したことを明かす。増えた理由は「会社業績アップ」で、使い道は

「住宅ローン、自動車ローン返済。今年買ったばかりの外国製大型SUVのカスタム部品購入のため、カードのボーナス払いが60万円ほど溜まってるのでそれの支払いくらい」(営業/正社員・職員/年収1300万円)

としていた。「あまり手元に残りません」と付け加えたが、どこか余裕を感じさせる回答だ。

もちろん営業だからといって好調な人ばかりではなく、コロナ禍の影響を受けたこんな声もあった。

「昨年は220万円だったのに今年は150万円。減った理由は、ビル賃貸業なのだが、飲食店の入居が多く、テナントの経営が厳しいため賃料減額協力をしているため」(埼玉県/30代後半男性/正社員・職員/年収650万円)

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ