「12時間勤務もザラ」激務なのに手取り19万円、子ども2人の既婚男性 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「12時間勤務もザラ」激務なのに手取り19万円、子ども2人の既婚男性

画像イメージ

画像イメージ

キャリコネニュースでは、手取り20万円以下の読者からの投稿を募っている。埼玉県在住・パート勤務の30代前半女性(その他/既婚)は、手取り13万円。女性は自身の給与について「圧倒的に足りない」といい、現在の生活感を明かす。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「生活のなかで困ってることは、値上げフィーバーですかね」

原材料費や物流費が高騰する昨今、あらゆる分野で値上げの波が押し寄せている。食品など生活必需品の値上げに頭を抱える人は多いだろう。この女性も例外ではなく、

「生活のなかで困ってることは、値上げフィーバーですかね。何でも値上げする割には、賃金は1ミリたりとも上がらない。値上げするのにも理由あるから仕方ないとは思うけど、まったく納得してない」

と不満を吐露する。また、将来の見通しについては、

「わからない。今を生きるだけで精一杯。なんでもかんでも我慢して、何のために生きているのかわからない」

と切実な思いを綴っていた。

「子どもが小さいため妻も働きに出れず、毎月3万円ほどの赤字」

マスコミ系の会社で働く30代前半男性(熊本県/正社員/既婚/子ども2人)は、激務にもかかわらず手取り19万円で生活しており、疲弊感を隠せない。

「日によってですが、勤務時間も長くしんどいです。12時間勤務もザラで、下手すると24時間以上勤務することもあります。残業代、交通費なども出ません。ボーナスはありますが、年10万円程度で月々の補填で消えてしまいます」

明らかに時間外労働が発生している状況で残業代が出ないのは、会社側の労働管理に問題があると言わざるを得ない。男性は、

「ここ1年ほどは勤務時間が長いにもかかわらず家計は赤字で、子どもが小さいため妻も働きに出れず、毎月3万円ほどの赤字で貯金を切り崩して生活しています」

と嘆く。家計がパンクする前に、また男性が身体を壊す前に、会社に改善を求めるか労基署に相談したほうがいいだろう。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ