手取り13万円、30代男性の持論「少子化問題を解決するのはお金。お金があれば、結婚も家族もできる」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

手取り13万円、30代男性の持論「少子化問題を解決するのはお金。お金があれば、結婚も家族もできる」

画像はイメージ

家計状況は家族計画にも大きな影響を及ぼす。手取り13万円の30代後半の独身男性(神奈川県/サービス系/パート/未婚)は「(今の手取りでは)まず子どもを作れない」といい、

「少子化問題を解決するのはお金。お金が適度にあれば、結婚もできて家族もできて、日本は明るい未来を作れる。今の人たちは金持ちになりたいなんて思ってない。適度なお金が欲しいだけ」

と持論を展開。子育てにはお金が不可欠だと訴えた。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

手取り17万5000円の30代女性「金銭面が心配で産む気になれません」

一方、既婚のキャリコネニュース読者は、子育てとお金の関係についてどう考えているのだろうか。

沖縄県在住で30代前半の女性(その他/正社員・職員)は手取り17万5000円で、「子どもが1人います。『もし、もう1人産まれたら……』と考えると、金銭面が心配で産む気になれません」と語る。女性は

「子育てで精神的にも肉体的にもいっぱいいっぱいなのに、金銭面でもさらに厳しくなるのを考えると『子どもは2人も3人も産めないな』と思ってしまいます。これから子どもも大きくなってお金もかかってくるので、将来が不安です」

「共働きだから今はどうにかなっていますが、私も旦那も病気を持っているので、どちらかが働けなくなったときはどうしたらいいのか。路頭に迷うしかないのだろうかと心配です」

と胸中を明かした。

たしかに、お金の不安を解消すれば「子どもを産もう」と考える人は増えるのかもしれない。本気で少子化対策をするのなら、子育て支援の所得制限を含め今以上の支援を検討したほうが良いのではないだろうか。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ