食費コスパが悪い家庭「大食い4人家族、食費は月15万円」「インスタ映えの影響で食費を圧迫」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

食費コスパが悪い家庭「大食い4人家族、食費は月15万円」「インスタ映えの影響で食費を圧迫」

食費圧迫……

食費圧迫……

月々の生活費はできるだけ抑えたいところだが、食費が足かせになっている、という家庭も少なくない。キャリコネニュース読者からは、

「大食いの4人家族のため、なかなか節約が出来ません。食費は毎月15万円です」(50代女性/愛知県/世帯月収50万)

といった声が寄せられている。今回は食費に不満を募らせる3~5人家族の投稿を紹介する。(文:鹿賀大資)

食費6万円の3人世帯「子どもは高校生で部活もしているため2人分くらい食べる」

千葉県の50代女性は、夫・次女と3人で暮らしている。夫婦共働きで自身は月収26万円、世帯月収は34万円だ。毎月の食費は15万円で、その理由について「付き合いが多く、ホームパーティーなどで出費がかさむ」という。

また長女夫婦と買い物がてらに食事をする際、女性が払ってしまうことも食費を膨らませる要因とのことだ。

香川県の40代男性は、サービス系の個人事業主で月収30万円を得ている。妻も身重のなか働いており、世帯月収は45万円だ。現在、子どもは1人いて、家族3人の食費は月々5万円になる。男性は

「妻の体調が悪くなる日も多い。自炊が難しいため外食しがちになってしまう」

と述べている。

福岡県の50代男性は月収45万円、1馬力で家族3人を支える。妻と2人の子どもがいて、食費は月6万円だ。子どもは高校生で部活もしているため「2人分くらい食べる」という。それでも小さい頃は「大人の3分の1の食費で済んでいた」と綴る。

「今は消費税も上がり、食料品も野菜も調味料類も値上がりしている。その上、子どもは『あれが食べたい』だの『こんなのが食べたい』だのと主張する年頃」

また最近はインスタグラムの影響を受けており、家庭での食事にもこだわりが出始めているという。そのため「食費を圧迫している」と書いている。

食費8万円の5人世帯「共働きで簡単に作れるものがメイン。かえって割高になる」

愛知県の50代女性の家族は、中学・高校・大学の三姉妹と夫の5人。女性自身はサービス系のパート・アルバイトとして月収5万円を得ており、世帯月収は47万円だ。毎月の食費は15万円だが「来年から次女も大学進学なので食品削減したい」という。

栃木県の30代女性はIT・通信系で月収27万円、夫婦共働きで世帯月収は67万円だ。3人の子どもがいて、月々の食費は8万円。夫婦ともに仕事が忙しく、調理に時間をかけられない。そのため

「簡単に作れるものがメインでかえって割高になる。宅配を利用していることでも食費が上がっている」

とのことだ。

※キャリコネニュースでは引き続き【アンケート】月々の食費について派遣社員の不満に関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ