衝撃!新入社員が見たサービス残業の実態「夕方6時頃、タイムカードの前に全員が並んで終業処理→各自の席に戻る」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

衝撃!新入社員が見たサービス残業の実態「夕方6時頃、タイムカードの前に全員が並んで終業処理→各自の席に戻る」

画像はイメージ

新入社員が自社のおかしな風土に染まっていく時代は終わった。そう考えさせられるような投稿が、キャリコネニュース読者から寄せられている。(文:林加奈)

※キャリコネニュースではブラック企業体験談を募集しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/HQI6E1OV

「出勤は朝7時過ぎ、終業時刻は毎日どれだけ早くても19時を回る」

営業職の20代男性は、不幸にも新卒で入社した会社がブラック企業だった。

「定時は8時30分~17時30分でしたが、出勤時間は朝7時過ぎ、なおかつ終業時刻は毎日どれだけ早くても19時を回るといった会社でした。夕方6時頃になるとタイムカードの前へ全員が並んで終業処理をしてからまた各自の席に戻るといった光景は、新卒の私にとって衝撃すら受けました」

この会社は残業代が支給されないのか、表面上は定時で退勤しているように装い、実際にはサービス残業が当たり前に行われていたようだ。

「年功序列の上の方々からは目の上のタンコブ扱いで仕事がしづらくなった」

男性は先輩社員の振る舞いにも苦言を呈している。

「他にも、地区ブロック別の慰安旅行では各々の営業所の人間が自分の仕事での成績を自慢しあい、翌日はメーカーの方々と接待ゴルフ。夜は酔っぱらったメーカーの人にありとあらゆる無茶ぶりをされ、同期ともども馬鹿らしくなって退職しました」

同期とともに会社を去った理由は他にもある。職場の雰囲気も悪かったらしく「所長からよくわからない因縁をつけられ、暴力を振るわれたこともありました」と男性は振り返っている。また、業績アップに貢献しても不毛な思いをしたようだ。

「仕事を工夫し、実績を挙げれば上げるほど本社からはよく見られ、激励の電話やわざわざ来てくださった際に食事に連れて行ってもらえたりするのですが、年功序列で上にいた方々からは目の上のタンコブ扱いで仕事がしづらくなったのが一番印象に残っています」

男性は先輩社員よりも売り上げを伸ばしたのだろう。その際に本社から好待遇を受けたが、それを良く思わない先輩社員がいたようだ。ここまで居心地の悪い職場では、新卒入社の若手はついてこないのが現実だ。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

人気記事ランキング

  1. 「資産は3000万円」→ 家はボロボロのアパート 仕事をサボりまくるアラフィフ社員の軌跡 モンスター新人エピソード【後編】
  2. 「前職はトップ営業マンだったらしい…」アラフィフ新入社員のやばすぎる正体 モンスター新人エピソード【前編】
  3. 社長に“タメ口”を使うモンスター新人「注意しただけで1か月も欠勤。しまいには親が怒鳴り込んできました」
  4. エクセル拒否!「うちはアナログでやってきた。改善や効率など考えなくていい」と言う社長 即行で辞めた体験談【後編】
  5. 高学歴のメリットは? 旧帝大と早慶卒が8割の企業では「難しい言葉の説明が不要」と語る男性
  6. パート先のトンデモ新人に驚愕「鶏皮をやたらと持ち帰ろうとするんです。人手不足だったので上司も黙認していました」
  7. 「1日14時間拘束がしんどくて辞めた」→転職先もタイムカードなし、16時間拘束のブラック企業で即退職した男性
  8. ある質問に答えたら「面接官が途中退席しました」 後味の悪すぎる採用試験
  9. "働かない中高年"に呆れる声「勤務中にスマホゲーム。仕事できないのにできるアピールがウザイ」
  10. 「ほぼ最低賃金になりますが大丈夫ですか?」 コロナで転職、とんでもない企業に入社してしまった40代男性

アーカイブ