転職時に「嫁ブロック」を経験した男性は4人に1人 主な原因は「年収下がる」「有休取得率が低い」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

転職時に「嫁ブロック」を経験した男性は4人に1人 主な原因は「年収下がる」「有休取得率が低い」

妻に反対されちまった!

妻に反対されちまった!

転職市場が活況だ。周りの転職ムードに影響されて、「自分も…」と考え始める人もいるかもしれない。独身であれば決定権は自分にあるが、既婚だと家族の意見も考慮する必要が出てくる。妻に転職を反対される「嫁ブロック」をされた人もやはり多いようだ。

4月27日、エン・ジャパンが「嫁ブロック」について行ったアンケート調査の結果を発表した。それによれば、35歳以上の既婚男性256人中、24%が「嫁ブロックをされた経験がある」と答えたという。

嫁ブロックで44%の男性が内定辞退「女房の言い分の方が正しいし、理にかなっている」

嫁ブロックをされた理由としてもっとも多かったのは「年収が下がる」(42%)だった。次いで、「有給休暇の取得率が低い」(26%)、「転職先の企業や業界にあまり良い噂を聞かないから」(26%)だった。

では、嫁ブロックを受けた後、その転職先に就職したのだろうか。「嫁ブロックを理由に内定辞退をしたことはあるか」という質問には、44%の人が「辞退した」と回答。その理由としては、

「家庭内での協力が得られない状態であれば、仕事のパフォーマンスが落ちると考えたため」(37歳)
「落ち着いて考えると、女房の言い分の方が正しいし、理にかなっていると感じたから」(53歳)

といった回答があがっていた。実際、辞退した方が納得する結果になった人が多いようだ。「内定先を反対されて辞退したことをどう思うか」聞いたところ、63%の人が「辞退して良かったと思う」と答えている。30代では「良かったと思う」と答えた人が100%に達した。

また、「嫁ブロックをされないために普段から心がけていること」を聞いた質問では、「普段から頻繁にコミュニケーションをとるようにしている」が45%でトップだった。夫婦になれば転職も2人の問題。意思疎通が何よりも大事ということだろう。

あわせてよみたい:「ホワイト企業あるある」に嫉妬

 

【PR】注目情報

関連記事

オンライン社員訪問で簡単に時給最低5,000円
年収UP確約転職

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

人気記事ランキング

  1. 社長にドン引きしたエピソード「残業代なんか出るわけないだろ、甘えるな」「取引先には振込手数料を差し引いた金額を振り込め」
  2. 努力は報われない?「草むしりしただけで年収800万オーバー」定年間際のおじさんにモヤモヤする公務員男性
  3. サイコパス上司に震撼!「感謝をお伝えしたいそうです」→「誰それ? 今いないって言っといて」
  4. 「妻は“お金がない”が口癖」 世帯年収900万円、40代男性の生活
  5. "お局様"のパワハラで退職した20代女性「1時間正座した状態で叱責を受けました。休みも月1回くらいでした」
  6. パチンコ店を1時間で辞めた女性「制服がパンパンでファスナーが閉まらないのに“そのままホールに出ろ”と言われ、我慢できませんでした」
  7. "コロナ退職"を決意した40代女性「中々始まらない在宅ワーク。社長も信用できない」
  8. 世帯年収1000~1200万円の不満「朝7時過ぎに家を出て、帰ってくるのは23時以降。税金高いのに還元がない」
  9. 高卒でも学歴に満足している理由「バブル崩壊直前に高卒で証券会社に就職。大学進学組はその後苦労したようです」
  10. 劣悪!上場企業なのにブラックな会社「残業100時間を超えても残業代は一律27時間。これで一部上場なのが信じられない」

アーカイブ