「お祈り」された就活生対象に「不採用採用」始まる 「不採用をどう受け止めて行動するかの方が社会人生活の中では大事」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

「お祈り」された就活生対象に「不採用採用」始まる 「不採用をどう受け止めて行動するかの方が社会人生活の中では大事」

10月に入り、2018年卒業予定者の就活も、落ち着きを見せている。ただ、人材会社のディスコが10月17日に発表した調査では、全国の主要企業の42.9%が採用選考をまだ続けているとの結果が出ている。

こうした中、クリエイター支援事業や地域支援事業を手掛けるサーチフィールドは、10月19日から「不採用採用」を始めた。2018年卒の学生のうち、他社で不採用になった経験を持つ学生が主な対象だが、不採用の経験が無くとも、内定を持っていても応募可能だという。

「社会そのものの不採用通知ではない」「先行きに不安を覚える学生を勇気づけたい」

19日にオープンした採用特設サイトの画面

19日にオープンした採用特設サイトの画面

「不採用採用」は、同社のクリエイター支援事業部「GIKUTAS(ギクタス)」での勤務を想定している。GIKUTASは、ソーシャルゲームメーカーとイラストレーターをつなげたり、イラストレーターの転職支援が主な事業だ。採用者はディレクターとして、クリエイターの発掘から、イラストのクオリティチェック、スケジュール管理から納品までの製作進行管理を行う。これまでのイラスト作成経験は問われない。

選考は3ステップで行う。1次面接が「不採用になった原因・振り返りのプレゼン」、2次面接が、自身の得意なことや好きなことを話す「一芸プレゼン」で、最終面接で受ける「ストレングスファインダーテスト」で応募者の強みを調査した後、合否が決定する。

また、各選考段階では質疑応答や業務説明も並行して行われるという。採用人数は2~3人を予定している。

同社経営企画部の担当者はキャリコネニュースの取材に対し、この採用方法を実施する意図を「不採用をどう受け止めて行動するかのほうが、今後の社会人生活の中では大事になってくるから」と語る。

「不採用は、学生が社会に出る前の最初の壁です。失敗を振り返り、改善方法を考え、真剣に将来を考えた方こそ強い人材になると思います」

就活での「お祈り」は、「社会そのものの不採用通知ではない」「先行きに不安を覚える学生を勇気づけたい」との思いもあるそうだ。

また、既に内定を出している企業がほとんどの中、これから採用を本格化させる同社が応募者を集められるよう、採用戦略の1つとしての意味もあると話していた。同社はリリース中で

「今回の不採用採用のプロセスを通じて『自身の成長』を考えるきっかけを応募学生に提供することで、当社の経営理念である『クリエイターの活躍の場をみつける』ということを自分なりに実現してほしいと考えております」

と述べている。

※ウェブ媒体やテレビ番組等で記事を引用する際は恐れ入りますが「キャリコネニュース」と出典の明記をお願いします。

キャリコネであの有名企業の「働きがい」「年収」「残業」の実態を見る

 

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ