子どもかよ!精神年齢が幼すぎる上司「問題を指摘すると拗ねて話すらできない」「責任を他人に押し付ける」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

子どもかよ!精神年齢が幼すぎる上司「問題を指摘すると拗ねて話すらできない」「責任を他人に押し付ける」

「指摘をすると子供のように拗ねる」といった声も

「指摘をすると子供のように拗ねる」といった声も

仕事を進めていく上で、上司への報告・連絡・相談は必要不可欠だ。しかし、上司の態度が原因で円滑に仕事を進められない、という声がキャリコネニュース読者から寄せられている。

ベンチャー企業に入社した30代女性は上司の態度に辟易している。「気に入らないことがあるとへそを曲げて企画を白紙に戻す。何か言おうものなら喚いたり、無視したり。毎日小学生を相手にしているようです」と不満をこぼす。

他にも、子どものような態度の上司に不満を抱えている人の声を紹介する。

自称「コミュニケーション能力だけは自信がある」上司

IT系の仕事に就く20代女性の上司は「お前のように頭は良くないけど、コミュニケーション能力だけは自信がある」と豪語している。ところが、

「論理的におかしい話しかしない。やんわり指摘しても理解してもらえず、仕方なくはっきり指摘したら子どものように拗ねて話すらできなくなる」

という。不必要な機能に固執していたため「不要な可能性はありませんか? ユーザーに確認しませんか?と聞くと、やはり子どものように拗ねる」というのだ。

この上司はヒアリングの場でも相手の話を聞かずに、自分の壮大なプランを語ってしまうという。コミュニケーション能力があるなら相手の話に耳を傾けてほしいし、拗ねることなく論理的に説明してほしいものだ。

自分を正当化する上司「問題が起こるとすぐ人のせい」「他部署がやるべき」

30代の女性の職場には、問題が起こるとすぐ人のせいにする上司がいる。女性は現在でも、精神科に通院しながら働いている。上司に「仕事を手伝ってほしい」と頼んだだけで「無責任だ」と激怒されるという。

技術職の30代男性は次のように語る。

「ことあるごとに、○○が悪い、あの部署がやるべきと何の責任もない他人のせいにして、"こちらは何もしなくていい"の一点張り。他部署から責められますよと言っても『何を言っているのかわからない』と理解してくれない」

自分に都合の悪いことは理解できない駄々っ子上司のようだ。社会人として働き、部下に指導する立場なら、大人の接し方を心がけてほしいものだ。

※キャリコネニュースでは引き続き「上司のコミュニケーション能力に不満はありますか?」「働かない中高年への不満」に関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ