柔整師の妻が産後10キロのダイエットに成功した秘訣は? ”誰かと共有”することでモチベーションの維持が可能に | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

柔整師の妻が産後10キロのダイエットに成功した秘訣は? ”誰かと共有”することでモチベーションの維持が可能に

柔整師の妻が産後10キロのダイエットに成功した秘訣は?

柔整師の妻が産後10キロのダイエットに成功した秘訣は?

運動、糖質制限、ファスティング、ダイエットプロテイン……数え上げたらキリがない種類のダイエット法が、今まで流行ってきました。グッズや本は売れ続け、結果にコミットするジムは申込者殺到するなど、ダイエット市場の勢いは止まりません。

そもそもなぜダイエット市場は消えないのでしょう。きっとそれは?痩せないから"です。だからと言って数々のダイエット法が嘘なのかといえば、結果を出している人もいるので嘘ではありません。

いったいこのダイエット市場にはどんな罠が仕掛けられているのでしょうか。実際にダイエットの相談にのり、成功者と失敗者をみてきた経験からお伝えします。(文:ちばつかさ)

ダイエットは簡単!「摂取カロリー<消費カロリー」にするだけ、なのに……

ダイエットといえば「苦しい」と思いがちですが、仕組みは至ってシンプルで簡単です。摂取カロリーが消費カロリーを上回れば太るし、逆であれば痩せます。

生命を維持するために必要な最低限のエネルギー(基礎代謝)に一日の活動で使うエネルギーを足すと総消費カロリーとなります。単純に、基礎代謝が1500キロカロリーの人が、運動で1000キロカロリー消費すると、1日で2500キロカロリーを消費したことになります。

体重を落とすには、体を動かしてカロリーを消費する、食事制限などでカロリー摂取を抑える、筋肉をつけて基礎代謝を上げるといったことが挙げられます。という説明も、ネットで検索するとごまんとヒットするし、ダイエット本なんかにも必ず書いてあることです。

では、なぜ痩せないし、ダイエット市場は消えないのでしょうか。それは人間の心理的な要素が関わっています。ダイエットの成功者・失敗者を分けるのは以下の3つの点です。

1.「どれだけ消費・摂取しているのか」を把握している

体重52キロの人が1時間歩いたとき消費されるカロリーは大体140キロカロリー。1時間歩くのは結構しんどいですが、たったこれっぽっちしか消費しません。しかもこれは基礎代謝と合わせた数字なので、運動単体で考えると81.9キロカロリー。

1時間歩いたあと、50ミリリットルのスポーツ飲料を飲むと1時間の運動がチャラどころか、摂取が上回ってしまいます。この1日の消費・摂取カロリーの数字を把握しているのか否かで失敗か成功かが決まります。把握せずにいきなり厳しいトレーニングや食事制限に飛びつくと必ず挫折します。

2.「生活習慣の変化」を超えられるか

なにごともそうですが、習慣を変えることは苦しくてつらいです。人間には生命を脅かす行為が恐怖に感じる脳の機能があり、苦痛を避けるようにできています。楽簡単に痩せられる!という謳い文句に飛びついてしまうのも、人間に備わった機能。

成功者はこの最初の習慣の変化を乗り越えた人たちです。ほとんどの人は習慣の変化に耐えることができず挫折してしまうため、どんなダイエット法をやろうがどんな食事をしようが成功しないのです

3.急激な変化はリバウンドの元

極度のダイエットをいきなりすれば、必ずリバウンドに繋がります。運動に慣れていない人が突然強度の高い運動をすれば悲鳴をあげるし、今まで食べていた人が急に食べなくなればバク食いにつながります。徐々に体を慣らしていくことが大切です。

この3つで痩せられるか痩せられないかが決まると言っても過言ではありません。特に2ができた人は必ず痩せることができます。習慣を変えることさえ習慣になると、努力も必要ありません。

ダイエットはひとりで成功しよう!と思わないこと

極論、ダイエットは「やり切れるかどうか」しかないのです。それができないからこそ楽しそうで簡単そうなグッズや手法が売れるわけで、何も買わなくても、誰にもサポートされなくても、ただ単にしっかり食事と運動のコントロールができれば痩せていきます。

ロデオボーイを乗り切った!という人をみたことがありません。ビリー大佐に今も師事する人はいるのでしょか。ロングブレスで街を歩く人もいません。ロデオボーイはきっと、雑誌置き場になっているはずです。

と言ってしまえば終わりなのですが、カウンセラーとして、接骨院を運営している身として、僕の妻が産後ダイエットを決意して3か月で10キロ痩せた方法をお伝えします。

それは「誰かと共有しながらモチベーションを維持していく」というもの。おそらく結果をコミットしてくれる某ジムは、高い会費+トレーナーとの信頼感+CMでみる痩せた後の強烈なインパクトがモチベーションを高め続けてくれるのでしょう。

これを一人でやろうとすると、褒めてくれる人も喜びを共有できる人もおらず、やる気は下がります。妻は今回初めてダイエットに成功しましたが、常に夫婦で共有していました。ダイエットでやったこと自体はYou Tubeのエクササイズ動画と、食事の見直しです。

"共有"は、例えば「トレーニングはこんなのやったよ」「今日はおかしが我慢できた」など誰かに(妻は僕に)伝えること。食事の見直しは、例えば麺とごはんの炭水化物ダブルブッキングをやめる、甘いものを控えて栄養のあるものに切り替えるなど「食べすぎていれば減らす」といったことをやっていました。

甘いものが食べたくなったらカロリーを調整しながら、お洒落なカフェにいって小さめのお洒落なケーキを食べたり、夫婦で半分個したりしました。たまに夫婦で食べる甘いものは今までのそれより遥かに美味しく楽しく感じます。

人間ってやっぱり一人だと寂しいんですよね。高い会費を払わなくても、モチベーションを維持し続けられると壁も超えられますし、共有できる人がいればそれは維持できます。「ダイエットサークル」や「ダイエットコミュニティ」なんか作るのも一つの手かもしれません。ダイエットを何度も諦めたという人は、誰かと一緒にやってみてはどうでしょうか。

著者近影

著者近影

【筆者プロフィール】ちばつかさ

合同会社komichi代表。柔道整復師、こころと体のコーディネーター、元プロ野球独立リーグ選手。東京と福井で投げ銭制の接骨院を運営しのべ10万人近くの心と体に向き合ってきた。野球経験とコーチングの経験を活かし都内で“野球を教えない野球レッスン”を運営。レッスン卒業生がU12侍ジャパンの代表に選出された。【公式サイト】

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

人気記事ランキング

  1. 残業時間が長い職種1位は「設備施工管理」――「営業系」「建築・土木系」が上位に入る
  2. リモートワークを導入して変わったこと「集中力が上がった」「災害時の無理な出勤がなくなった」
  3. 「妻が同居を断固拒否しています」跡取り長男の相談に「詐欺に近い」など批判殺到「親にも妻にも良い顔した結果、みんなを不幸に」
  4. 尊敬できる上司の特徴「任せることと丸投げの違いをわかっている」「労働時間の調整をしてくれる」
  5. 【建設業界】仕事にやりがいを感じる企業ランキング1位は大林組「スケールの大きな建設構造物を構築することにやりがいを感じる」
  6. 就活ルール廃止、学生の6割が「賛成」 理由は「大手企業もルールを守っていないから」
  7. 「家では犬と呼ばれている。帰ってくるなと言われた」(30代男性)――配偶者の言葉の暴力、8割が「経験あり」
  8. 「長時間労働だけではなく対人関係ストレスも考慮すべき」 人生100年時代の労働環境を弁護士が提言
  9. 電通でまた違法残業、最長156時間超 ブラック企業アナリストは「罰則が緩く、抑止力になっていない」と指摘
  10. 20代男性の「"悪口言うな"と言われることに納得できない」という投稿に批判相次ぐ 「悪口は心が貧しい証拠」「いい歳して恥ずかしい」

アーカイブ