「オキアミ→魚→ペンギン→シャチ」 自然界の厳しい”食物連鎖”をテーマにしたぬいぐるみ発売 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

「オキアミ→魚→ペンギン→シャチ」 自然界の厳しい”食物連鎖”をテーマにしたぬいぐるみ発売

画像は公式サイトをキャプチャ

画像は公式サイトをキャプチャ

ぬいぐるみ製造・販売などを行うAQUAは10月12日、”食物連鎖”をテーマにしたぬいぐるいみを発売した。ぬいぐるみならではの可愛らしさを楽しみながら自然界への理解を深める、という趣旨の「センスオブワンダーシリーズ」の一つだ。

「食物連鎖・北極」は、ホッキョクグマのぬいぐるみの中にアザラシが、アザラシの中に魚が、魚の中にオキアミが入る仕様になっている。公式サイトではホッキョクグマのぬいぐるみの口からアザラシ、魚、オキアミが出ている写真が掲載されている。

ほかにも出産や子育ての様子をぬいぐるみにしたものも

「食物連鎖・南極」も北極同様、シャチのお腹の中にペンギン、魚、オキアミが順番に収納できるというもの。同社は公式ツイッターで19日、この2商品を紹介し、「口の中に順番に入れて遊べてます」とコメントした。

ほかには「うまれてくるよ」シリーズも発売。イルカの尾ひれやマンタの尻尾からそれぞれの子どもが出てくる、というものだ。

ペンギンがひな鳥に餌を上げる様子をぬいぐるみ化した「ごはんちょうだい・ペンギン」も面白い。親鳥がくわえた魚を雛の口に入れることができる。ペンギンの親が食べて消化したものを吐き戻して口移しで与えるという習性をぬいぐるみでわかりやすく表現している。

価格はいずれも税込2500円。現在、八景島シーパラダイス、よこはま動物園ズーラシア、野毛山動物園、アクアパーク品川、金沢自然公園・金沢動物園、江ノ島サムエルコッキング苑などで購入できる。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ