川崎市で発生した”コルク狩り”とは?「かぶっていれば根性入っている奴と思われていた」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

川崎市で発生した”コルク狩り”とは?「かぶっていれば根性入っている奴と思われていた」

川崎市内で発生した”コルク狩り”とは?

川崎市内で発生した”コルク狩り”とは?

神奈川県川崎市で6月15日、「コルク半」と呼ばれるヘルメットをかぶった人に言い掛かりを付けて奪う"コルク狩り"が発生し、ネット上が騒然としている。

「コルク半」とは、内側の緩衝材にコルクが使われた野球帽型のヘルメットのことだ。朝日新聞によると、恐喝容疑で逮捕されたのは同市内の高校生の少年(18)とアルバイトの少年(17)で、5月中旬に路上で男性(22)に対して「なんでコルク持ってんの」などと因縁を付けた上、ヘルメットを奪ったという。

川崎市内のバイク店勤務男性「全盛期は20年前くらい。まだやってんのかと思った」

昨年は、都内で少年による"コルク狩り"が発生。2013、17年にもやはり「誰に許可を取ってコルクを被っているんだ。地元じゃいいかもしれないが、大田区ではだめだ」などと言い掛かりを付け、バイクやヘルメットを奪った事件が報じられていた

少年らがそこまで「コルク半」に執着するなぜだろうか。川崎市内のバイク店に勤務する男性は「コルクをかぶっているのはヤンキーの印みたいな風潮が昔はあった」と説明する。

「仕事柄さまざまな客が来るが、コルクをかぶれば根性入っている奴みたいに思われていたみたい」

と続け、"コルク"をかぶることはヤンキーのステータスになっていたという。

男性によると、コルク半は高級品。安いものでも5000~6000円で、コルク=日本製のような価値があるという。今回の恐喝事件で奪われたヘルメットは、購入価格2万円と報じられており「おそらく本物だろう」と推察していた。

最近はホームセンターなどでコルクを使わず、形状だけを模したものが1000円程度から売られているという。こうした背景から、高価なコルク半を買えない少年による恐喝が起きるとみられる。だが、男性は

「"コルク狩り"と言っても、全盛期は20年前くらい。まだやってんのかと思った」

と報道の印象を語る。当時は川崎市などを中心に、チーマーが暴力団のコルクを"狩る"のが一般的だったという。だが、現在はこうした文化は薄れつつあり、「今はヘルメットをかぶり、信号を守るのが普通。暴走族もチーマーもいない」と話し、

「(容疑者の)高校生が先輩から風の噂か何かで聞いたんじゃないか」

と不思議がっていた。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ