決算期、数万件のデータを消しちゃった! 経理男性のしくじり体験 「上司は怒るより蒼くなって…」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

決算期、数万件のデータを消しちゃった! 経理男性のしくじり体験 「上司は怒るより蒼くなって…」

システムの手も借りながら5日徹夜をしてなんとか復旧しました

経理など数字やデータを扱う仕事にとって、「データ消失」は何よりも恐ろしいミスではないだろうか。キャリコネニュース編集部には、そんな恐怖体験をした男性からの経験談が届いている。

「経理マンです」という40代後半男性は、「今は経験豊富ですが」と断った上で、新人の頃の大失敗を明かした。

※キャリコネニュースでは「仕事でやらかしたこと」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/1PB1ZENZ

「寝ずに復旧しろ」と上司

それは、経理部門が一年を通じて一番忙しい「決算期」に起こった。

「新入社員の頃、(中略)現場の入力してきたデータ数万件をオペレーションミスで消してしまいました。上司は怒るより蒼くなって『決算が閉まらないかも』と言っていました」

上司のみならず、同僚はさぞかし慌てたことだろう。その後、上司はすぐに指示を飛ばしたようだ。

「とりあえず、私の他の仕事は決算期で忙しいにもかかわらず同僚に振り分けてもらい、『お前はこれを寝ずに復旧しろ』と言われました。その後システムの手も借りながら5日徹夜をしてなんとか復旧しました」

と男性は振り返る。復旧できたときには、心のそこからホッとしただろう。

しかし、中にはこんな人もいる。IT系技術職の40代前半男性からの経験談だ。

「誤ってデータを飛ばしてしまった。誤って消したことは自分しかわからないため『復旧不能ですね』ということにしてしまった」

男性は当時を振り返り、「大変な迷惑をかけてしまった」と、反省の言葉を述べていた。

※アンケート概要
■実施期間
2019年10月24日~
■回答数
12 ※2021年9月8日時点
(記事では、8月17日に寄せられた投稿を紹介)
■アンケート対象
キャリコネメルマガ会員(63万人)やキャリコネニュース読者、キャリコネニュースSNSフォロワー
■実施方法
アンケート集計ツール「クエスタント」を使用
回答ページ https://questant.jp/q/1PB1ZENZ
■質問項目
・いままで経験した職場で「失敗した!」「やらかした!」と思ったことを教えてください

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ