パチンコ年間収支が7月末時点でマイナス48万円の人 「すべてが嫌になる」と嘆く | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

パチンコ年間収支が7月末時点でマイナス48万円の人 「すべてが嫌になる」と嘆く

画像はイメージ

今年は自分の限界に挑戦するために、パチスロ縛りでパチンコホールを利用し続けてきた。
するとどうだろう。現在までにマイナス40万6020円という致命的な負けを抱えてしまった。

「これじゃあ年末の確定申告で雑所得申告できないよー」と嘆いている次第だが、自分の意思でサンドにお金をぶち込んでいるわけで、これは決してホールのせいではない。あくまでも自分自身のヒキの悪さの結果なのである。つまり誰が悪いかという話をするとなると、バリバリ自分だけが悪いのだ。

しかしパチンコファンの中には、素直に自分の瑕疵を認めることが苦手なヤツもいるようで……。(文:松本ミゾレ)

そもそも負ける娯楽なのですパチンコは!

7月末、5ちゃんねるに「【悲報】今年パチンコで48万負けたワイ、全てが嫌になる」というスレッドが立っていた。スレ主は本文において「終わりだよ」とだけ書き込んで、そのまま姿を消している。

今年だけで48万もマイナスってのは本当に堪えるものだけど、言ってしまえば僕も40万円台の落ち込みなので笑うに笑えないし、気持ちは理解できる。何をやっても駄目な時期って、あるもんね(笑)。

ただ、そもそもパチンコホールってお客さんからお金を吸い上げて成り立っている商売。
勝ち続けるなんてなかなか難しいし、このコロナ禍でバンバンホールも閉店しまくっているわけだから、なおさら吸い込みだって厳しいのは当然。

パチスロ4号機時代からホールにふらっと寄るようになった僕にしてみれば、今が一番難しい時期にも思えるし、1勝するまでに何連敗もするのが当たり前になっている。こういうことを書くとプロとかプロ気取りに笑われちゃうかな? だけどほんと、今は勝つの難しいのは事実だしなぁー。

勝とうと思ってパチンコして勝てりゃ世話ない。娯楽はあくまで娯楽。余剰資金で遊びたいね!

前述のスレッドには、まだまだ2022年も続くのに既に48万失ったスレ主への侮蔑の言葉も多く書き込まれている。しかし中には同情の声もチラホラ。本人は絶対見ていないだろうけど、ちょっと同じぐらい負けてる僕自身の心を癒やすために引用させていただきたい。

「まーハマってる時はそんなもんよな。借金こそせんかったけど、給料出たら最低限の生活費以外は全部飲みこまれてたわ」
「ワイも去年の夏からボッコボコや(筆者注:27万ほどマイナスになっている収支表の画像もセットでの書き込み。かわいそう)」
「ワイも去年そのぐらい負けたわ」

こうやって、負けてる人の書き込みを見ると癒やされるよ……。

僕も今年は本当に調子も悪く、冒頭で書いたように8月末時点でとっくにマイナス40万。でも、負けるにせよ勝つにせよ自分の意思で打ってるわけだし、負けないパチンコ・パチスロなんてパチンコ・パチスロじゃないから、それはそれでいいの。

それに、パチンコ依存症のヤツが勝とうが負けようが、どうせまたパチンコするための軍資金に使うのが関の山なのだ。

パチンコ依存症の人(いぞんちゅ)たちがパチンコに使う金って、普通のお金とはやや異なるものなのである。なんかこう、紙幣であって紙幣でないというか。打たない人には理解しにくいだろうけど、無謀への挑戦券。無限へのパスポートのような性質があるのだ。

それをそのまま保有するのも難しいし、どうせパチンコしてるヤツなんざみんな貯金もできない性分なんだろうから、負けようと勝とうと本質的には一緒。パチンコなんかしてる時点で、大枠での勝ち負けはわかりきっている。

どうせ褒められた趣味ではないが、余剰資金で遊ぶ分には、好きなように使えばそれでいいように最近は思えてきた。借金しまくって遊ぶとか、そういうのは駄目だけども。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ