任天堂「スイッチ」出荷再開でオンラインストアが繋がらない事態に ツイッターで”勝利宣言”する転売屋も | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

任天堂「スイッチ」出荷再開でオンラインストアが繋がらない事態に ツイッターで”勝利宣言”する転売屋も

画像はキャプチャ

画像はキャプチャ

任天堂は4月15日、自社サイト「マイニンテンドーストア」で、品切れ状態が続いているニンテンドースイッチの予約受付を再開した。同日昼すぎに始まると、すぐにアクセスが集中して繋がりにくい状態に。画面上には

「ただいまサイトが大変混雑しているため、アクセス可能な人数を制限中です。混雑が解消され次第、アクセス可能になります」

と表示されていた。

任天堂は「今週およびその後も出荷する予定です」とアナウンスしているが……

なお、15時時点で、ニンテンドースイッチ本体および関連商品は再び売り切れになっており、次回販売については改めて案内があるという。

ツイッター上では、長時間にわたりアクセスを待った挙句、品切れを目の当たりにした人が相次いだ。「スマホとPCで午前中からマイニンテンドーストアで粘ってたけど買えなかった」「3時間も待機したのに買えなかった」と嘆く声もみられた。

一方、転売屋とみられる取引用アカウントで「2台しか確保できませんでした」「こんなに簡単に買えたらスイッチの価値落ちますね」などと投稿して、多くのツイッター民から反感をあおる人も。

メルカリをみると、現在もニンテンドースイッチ(希望小売価格:税別2万9980円)の相場は6万円、携帯版のニンテンドースイッチライト(同1万9980円)は3万3000円と、いずれも店頭価格を大幅に上回る高額で転売されている。

こうした状況に「マスクみたいにスイッチも出品禁止して」とプラットフォーム側に対応を求める声も挙がっている。任天堂は4月14日、ツイッターに

「Nintendo Switch・Nintendo Switch Lite本体は今週およびその後も出荷する予定です」

などと投稿。だが、高額転売の解消につながるかどうかは不透明だ。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ