幽霊にブチ切れで撃退した男性「ふざけんなコノヤロー!と恐怖のあまり叫んでしまいました」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

幽霊にブチ切れで撃退した男性「ふざけんなコノヤロー!と恐怖のあまり叫んでしまいました」

お盆は幽霊に遭遇しやすい?

お盆は幽霊に遭遇しやすい?

【夏の怪談特集】お盆といえば「先祖が帰ってくる」というだけあって、霊に遭遇する人も多いとようだ。キャリコネニュース読者からも、

「数年前、お盆中に気仙沼大島の海岸で遊んだ時のこと。帰った次の日、ふくらはぎに身に覚えのない手形がくっきりと付いていた」(50代女性/正社員)
「何年か前のお盆の時です。お墓参りに行った際、お寺が見える旅館に泊まり、夜中にビデオで家族を撮影しました。すると、もぞもぞとした知らない人の顔が、家族の顔と重なるように出てきました。鮮明に映っていたのを覚えています」(40代男性/正社員)

といった声が寄せられている。正社員の40代男性もその一人だ。男性は一昨年のお盆に体験した奇怪な体験を綴る。(文:鹿賀大資)

幽霊の手は「細い指で爪がなく変な感触でした」

実家に帰省していた男性は居間で寝ていたが、夜中にふと目が覚めた。隣の座敷部屋とを仕切るガラスの引き戸に目を向けると、向こうに黒い影が見えたという。

「最初はお化けだと思ってびっくりしました。でも座敷部屋にはマッサージチェアが置いてあったことを思い出し、その影かと再び寝床につきました。しかし影に隠れるようにして正座をしている、女性の存在に気づいてしまったのです」

得体の知れないその女性は、いつの間にか男性の右手を握ってきたという。男性も手を撫で返し確認した。「細い指で爪がなく変な感触でした」といい、その後の妙なやり取りを綴る。

「女性が私に何か話しかけてくるんです。『……て』と言っているのですが聞き取れず。私も放っておけばよいものの、相手は幽霊といえど女性です。しかも手を握られているので、この状況にスケベ心が出でしまいました」

男性が「何て言ってるの」と聞き返すと、女性はまた「……て」を繰り返した。

「私も集中して聴き取っていると、女性が『一緒に来て』と言っているのがはっきりわかりました。その瞬間、私も豹変し『ふざけんなコノヤロー!』と恐怖のあまり叫んでしまいました。叱られた幽霊は悲しげな顔をしたまま、ゆっくりと消えていきました」

男性は、思いがけないお盆の迎えに「恐怖で寝られなくなった」といい、「30年ぶりに両親が寝ている寝室で川の字になって寝ました」と綴っている。

「もし先に誰かが室内にいれば、警報器が鳴っていたはずです」

正社員の50代男性は、元勤務先で体験した奇妙な出来事を思い返す。それは真夏の早朝に起きた。

「私は複数店舗を統括する責任者で、その日も朝早くから店舗のバックヤードに入っていました。ガラス越しに店内を見わたすと人影があり、相手も私に気づいたようでサッと屈んで隠れました」

その影は20歳前後の若い女性で、髪型は顎下までのボブカットだったという。ただ全体が黒い影だったため、服や顔は判明できなかった。男性は不審者に驚きながらも、店内を隈なく探したという。

「でも誰もいませんでした。それもそのはず、私はセキュリティを解除して建物内へ入りましたから。もし先に誰かが室内にいれば、警報器が鳴っていたはずです」

男性は「明るいところで幽霊を見えたことにびっくりです」と書いている。

※キャリコネニュースでは引き続き「幽霊はいると思いますか?」「あなたの世帯年収への不満を教えてください」に関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ