織田信長や王子様とも恋愛できる時代 現代の「正しい浮気」はスマホゲームにあり? | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

織田信長や王子様とも恋愛できる時代 現代の「正しい浮気」はスマホゲームにあり?

今や、織田信長とも王子様とも恋愛できる時代である。いったい何のことかといえば、スマホの恋愛シミュレーションゲームのことである。CMで、

「君になら殺されてもいい」
「必ず手に入れる。天下も、おまえも」

だとか、非常にこっぱずかしいセリフをアニメのイケメンに言わせているアレである。(文:みゆくらけん)

登場するイケメンのセリフがいちいち計算ずく

2、3年前頃から目立ってCMでバンバン流れるようになったそれ系ゲームだが、2015年の現在も不倫の恋など、もはや当たり前だ。

戦国武将との恋やイタリアンマフィアとの恋、自分が女性市長という設定でのイケメン秘書との恋など、現実ではあり得ない様々な展開をみせている。通称「オトゲー(乙女ゲーム)」。通勤途中のOLさんなんかも、電車の中などでついプレイしちゃってるかもしれないアレである。

脳内麻薬ドバドバ

脳内麻薬ドバドバ

やったら負けた気がするので絶対にやるまいと心に誓っていたが、無料だということもあり、興味本位でヒマな時にやってしまった。そのゲームは5人のイケメンとのラブゲームを繰り広げて、真の運命の人を見つけるというものである。

このゲーム、登場するイケメンのセリフがいちいち計算ずくなのである。「おまえのこと、全部見ていい?」とか言ってくるので大変困ってしまう。

アダルト本が男性の脳を刺激するよう作られているように、女性向け恋愛スマホゲームも女性の脳内麻薬をドバドバ出させるよう作られているのである。性欲を高めたり満たしたりする役割の男性のアダルト本と違い、女性の恋愛ゲームの場合は恋愛している高揚感を味わえるという快楽がある。

「脳内麻薬」を噴出させるスイッチを押してくれる

本来、この快楽は生身の男性相手に恋愛している時に得られる快楽である。快楽の正体は恋愛ホルモンPEAやらドーパミンやらの、脳内快楽物質である。いわば天然の麻薬で、恋している状態が気持ちいいのは、この脳内麻薬によるものなのだ。

この際はっきり言ってしまうが、「恋」のほとんどはその相手に惚れているのではなく、この脳内麻薬にハマっているのである。相手を好きだと勘違いをしてしまうのは、その相手が自分では押せない脳内麻薬を噴出させるスイッチを押してくれるからである。

こう考えると、よりたくさん脳内麻薬を噴出させてくれる人、つまりスイッチをたくさん押してくれる人がモテる人となるのは自然の摂理なのである。皆、勘違いしてはいけないよ。相手ではなく、自分の麻薬に酔っているのだよ。

――と、脳内麻薬について長く語ってしまったが、この脳内麻薬、別に生身の男性相手じゃないと出せないというわけではないのである。テレビの中の芸能人でもいいし、漫画の登場人物でもよい。

だけど、より多くの脳内麻薬を出し快楽に酔うためには、不特定多数に向けて表現している芸能人や漫画の登場人物より、自分だけとコミュニケーションをとってくれていると上手に勘違いさせられる恋愛ゲームが効率いいのである。

彼氏や夫とマンネリという人にオススメ

彼氏や夫とマンネリという人には、大変使えるアイテムである。最近、脳内麻薬出してないわァ、刺激欲しいわァと生身の男性にそれを求めてしまっては浮気になってしまうし、破局や離婚の原因になりかねない。ちょっとした火遊びで始まっても脳内麻薬の快楽たるや、身を滅ぼす威力があることを忘れてはならない。

そこでお手軽な恋愛ゲームである。恋愛ゲームで快楽を得るのは安全かつ、この時代に生きる私たちの「正しい浮気方法」なのだ。使いこなすコツは、とにかくこっぱずかしさを投げ捨てその世界に没頭すること(でも課金には気をつけて)。いいのだ、誰も見ていない(多分)。狂おしいほどに恋愛し、脳内麻薬をバンバン出そう。

あわせて読みたい:パートナーの浮気相手、見たことある?

 

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ