「あなたといると惨めな気持ちになる」 20代女性が語る”美人で困った”エピソード | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

「あなたといると惨めな気持ちになる」 20代女性が語る”美人で困った”エピソード

”最初は満点”。だが……

”最初は満点”。だが……

「美人は得」という声を耳にするが、それが裏目に出てしまう人も少なくない。神奈川県の30代女性はキャリコネニュースに、

「知り合った男性とデートをすると、最初は満点。でも次第に減点方式で評価されてしまいます。同性からは『怖そう』『性格悪そう』『お高く止まっている』と思われがちなので、言動には気を付けています」(メーカー系)

という声を寄せている。都内に住む20代女性は"美人攻撃"に苦しんだ末「女性だけの世界に身を置くようになった」と語る。(文:鹿賀大資)

「男性がいるコミュニティをなるべく避けるようになった」

女性は現在、女子校で派遣職員として働いている。過去の職場では、同性から度の超えた嫉妬を受けていた。当時について「周りの男性があまりにも私のことを優遇していたので」と明かす。

「友だちだと思っていた子からも『あなたといると惨めな気持ちになる』と言われた。こうして何人もの友だちが、私の元から離れていってしまった経験があって……。以降は男性がいるコミュニティをなるべく避けるようになった」

また日々男性からあからさまな視線に晒されており「一時は外出も嫌になった」と心境も打ち明けている。

パート・アルバイトの広島県40代女性も「20代の頃から職場の男性に目を付けられることが多かった」と思い返す。男性陣から言い寄られるだけならまだしも「セクハラにも遭いやすかった」という。

自身の性格について「見かけ倒しで、実は人付き合いが苦手なタイプ」と明かした上で、「段々と出勤が苦痛になってきて職場をフェイドアウトする繰り返し。人間不信気味」と述べている。

上司のセクハラで退社、体調不良で運ばれた病院の医師からも……

正社員の40代女性(千葉県)も、元勤務先での苦労を明かす。それは2つの会社で起こった。以前、パート勤務をしていた職場で突然、見知らぬ男性から腕を掴まれたことがあったという。

「その日は会議で、他支店の人たちも集まっていました。会議も終わり、解散しかけた時に『一目ぼれした』と他支店の人から連絡先を聞かれてしまいました。私が固まっていると、同支店の男性が助けてくれて一件落着……とはいかず」

結局、その同支店の男性も女性に好意を持っていたようで「帰宅時間に待ち伏せするなどストーカー化していき怖かった。逃げ道なしとは、このことでしょうか」と綴っている。また別の前職場でも、

「仕事を手伝った上司に気に入られ、本来の仕事ができないようされました。結局はセクハラが原因で退社。そこから体調を崩しがちになりました。さらに体調不良で運ばれた病院の医師からは、カルテで個人情報を知ったのか直接メールが来るようになりました。なので医師の交代をしてもらいました」

と不運が続く。しかし現在については「マスク生活は非常に助かっています」とコメントしている。コロナ禍のマスク必須社会を煩わしく感じる人もいるが、女性はこの生活に救われているようだ。

※キャリコネニュースでは引き続き「美人・イケメンで困ったエピソード」「美人・イケメンで得した人」に関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ