コロナ対策がすご過ぎる義実家「玄関前で体温測定と全身消毒。室内ではマスクとフェイスシールド、食宅にはパーテーション」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

コロナ対策がすご過ぎる義実家「玄関前で体温測定と全身消毒。室内ではマスクとフェイスシールド、食宅にはパーテーション」

コロナ対策万全な義母との間に温度差

コロナ対策万全な義母との間に温度差

今年は「静かな年末年始」を迎えることなりそうだ。義実家への帰省を自粛する人も多いだろう。キャリコネニュース読者からも「コロナ禍のため、年末年始は義実家に帰省しません」(50代男性/神奈川県)といった声が寄せられている。また大阪府の40代女性は、義実家から

「コロナのリスクがあるので帰ってこなくていい」

と言われたそうだ。ちなみに例年の年末年始については「義実家に帰省すると、お土産代がばかにならない」と明かしている。今回は「今年の年末年始は自粛する」という人から寄せられた、義実家の帰省にまつわるエピソードを紹介する。(文:鹿賀大資)

「義母はやたらと『衛生、除菌、清潔』を連発してます」

「夫婦共に地方の田舎に実家があります。まったく別の場所ですが」と語るのは愛知県の30代女性。今年の年末年始について「うちの近所でも『帰省を控えている』という話が出ているようで、帰れそうにありません」という。義実家については、

「義両親は、あまり標準語を使えないみたいで、ほぼ方言を使っています。だから何を言ってるのか半分不明です。聞き返すのも申し訳ないので……。あと夫は晩酌中に眠ってしまうことが多く、そうすると嫁と子どもだけでは、義両親との間が持たないです」

と書いている。

都内の30代女性は「帰省しません」と前置きした上で、新型コロナウイルスに過剰反応する義母の言動について綴る。

「やたらと『衛生、除菌、清潔』を連発し、何だか張り切っている感じ。義実家に帰ると、まず玄関前で体温測定と全身消毒。室内ではマスクとフェイスシールドが必須で、食宅にはパーテーションと完全防備です」

そんな義母は、義妹のことを溺愛しているらしく「猫の遺影は、義妹さんが猫を抱いている写真。でも死んだのは、まるで義妹のように見えますけど……」とコメントしている。

「義実家には食洗機がなく、イマドキ手で洗うとかありえない」

一方、島根県の40代女性は「義実家と近いし、面倒くさいので帰省しません」という。義実家との距離が、ある程度離れていれば旅行感覚で楽しめる、といったところか。そんな義実家については「寒い台所での手伝いが辛かった」と書いている。

広島県の50代女性からも、

「義実家に行きたくないから、年末年始は帰省しません。あの家には食洗機がなく、今どき手で洗うとかありえないですから」

という声が寄せられていた。

※キャリコネニュースでは引き続き「義実家への帰省で憂鬱なこと」「お酒の失敗エピソード」などのアンケートを実施しています。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ