独身で年収600~800万円の暮らし 「幸せな生活です」「日用品は値段を気にせず買える」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

独身で年収600~800万円の暮らし 「幸せな生活です」「日用品は値段を気にせず買える」

ほぼ貯蓄できていません……

ほぼ貯蓄できていません……

世帯年収600~800万世帯の生活感とはどんなものだろう。厚生労働省が発表している2017年度の平均世帯年収は551万6000円で、それ以上ではあるもののゆとりある生活とはいえない、という場合が多いようだ。

夫婦共働きで世帯年収800万円という埼玉県の40代女性(流通・小売系)も、現状に満足は出来ていない。その理由について、

「2人の娘がいて、中3と小4です。今は塾代が半端なく高いので困っています。ほぼ貯蓄できていません」

という。また女性は「2人とも公立を落ちて私立になると、通わせられるか心配でたまりません」と不安も拭えない。一方、

「ひとり暮らしのため満足している。仕事を頑張ったご褒美として、ブランドものを買うこともある。とはいえ調子に乗りすぎると、月の収入より支出が多くなる。基本的には節約しなくても貯金はできているが」(20代女性/神奈川県/サービス系)

といった声も寄せられている。金融・保険系勤務の埼玉県の50代女性も「独身で余裕があります」という一人だ。(文:鹿賀大資)

「都内在住のため家賃と駐車場代が高い」というが……

女性は住宅ローンを繰り上げで完済しているため「給料はすべて自由に使えます」という。

「欲を挙げれば、投資で貯蓄を増やしたいです。あと旅行の時に、ちょっと優雅に過ごしたいくらい。物欲は特になく、飲みにも行かないしグルメでもありません。幸せな生活です」

金融・保険系の会社で働く東京都の30代独身男性は、「余裕があるとは言えない」と不満気味だ。その理由について「都内在住のため家賃と駐車場代が高い。会社から補助がなく固定費が重い」と並べる。とはいえ、

「日用品や食材などであれば、ある程度は値段を気にせず、使用感や味を重視して購入できる。趣味にお金もかけられる」

と満足する点についても述べている。

「何か1点か2点は贅沢したいという人であれば、十分な給料だと思います」

サービス系勤務の東京都の30代男性は「独身なのでかなり余裕がある方だと思います」といい、「レジャーや旅行で、あまり我慢したことはありません」と続ける。ただ、チケットなどは安価なものを利用するという

「旅行に出かける時は、LCCに見られる安い航空券などを事前購入してフル活用。割と頻繁に旅行したい方なので、それで満足。もちろん毎回、良いホテルに泊まるとか、必ずプレミアムシートやグリーン車で移動とかもしていません。それをやり始めたら貯金は無理です」

その甲斐あってか「貯蓄や投資もしています」といい、ほかにも「料理が趣味なので自炊はしています。洋服はファストファッションや古着をうまく使っています」と充実ぶりを綴る。男性は自身の生活感から、

「すべてを上質にしたいという方は、おそらくこの給料では足りないでしょう。でも何か1点か2点は贅沢したい(我慢したくない)という人であれば、十分な給料だと思います」

と綴っている。

※キャリコネニュースでは引き続き【読者投稿】世帯年収600~800万円のリアル【アンケート】月々の食費についてに関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ