「宇宙からメッセージが降りてくるんです」 相談にやってきた”スピ系”女性、詳しく話を聞くと…… | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

「宇宙からメッセージが降りてくるんです」 相談にやってきた”スピ系”女性、詳しく話を聞くと……

スピリチュアル系にハマる人って?

スピリチュアル系にハマる人って?

「宇宙から降りてくるんです」 僕のところに来たその女性は、どうやら宇宙から何かが降りてくるらしい。人生でなにか選択をする時、誰かに何かをアドバイスする時、さまざまな場面で宇宙から何かが降りてくるのだそうです。

でも、なぜ僕のところに来たのかというと、”詐欺被害にあった”という相談だったのです。「そういった時は宇宙から降りてこないんですね」と言うと、女性は「その時は交信してなかった」と言いました。

“スピリチュアル”。日本でこの言葉を聞くと「怪しい」とか「詐欺」とかと結びつくことが多いのかもしれません。ただ、実は英語の”spiritual”は、人生の意味や目的、良心や倫理、死生観などに広く関わる大切なもので、少し意味が違ってきます。

スピリチュアルという言葉が日本では非科学的な信念や超常現象を連想してしまう背景には、言葉の裏に”お金”があるからではないでしょうか。僕のところに来る”スピ系”と呼ばれる人たちをみて感じました。(文:柔道整復師 ちばつかさ)

スピ系にハマって人生が却って悪化する人々

前述の女性の相談内容は、詐欺被害に遭っているとのこと。さらには消費者金融やクレジットカードなどでの借金を抱えていました。何度も「大事な時には宇宙からなにも降りてこないんですね」と言ってしまいました。

リボ払いの利息計算、甘い言葉で大金を奪うような詐欺まがいのセミナーなどを目の前にした時こそ宇宙からアドバイスが降りてきてもよいはずなのに。このように僕が出会うスピ系にハマる人のほぼすべては”お金”絡みのトラブルを抱えています。

とはいえ、実はスピ系を全否定しているわけではありません。西洋医学や東洋医学をもってしても体や心が好転しないこともあります。だから、もしそれで人生が好転したならそれでいいと思うのです。スピリチュアルだけでなく、自己啓発本でもオンラインサロンでもアイドルでも何でも、結果がよければいいのです。

でも、スピ系に飛び込んだ結果、金銭を失い、そこから脱出できなくなり、人生が暗転している人のほうが多いので、疑問を抱いています。

“教祖様”みたいになりたい!と課金しても、絶対に”教祖様”はにはなれない

スピ系は、超越的なものを心の頼りにする、という点では宗教とも近いです。でもスピ系に特徴的なのが”ビジネス感”です。スピ系の教祖の中には成金趣味全開の人も多く、「成功」=「お金」ということで語られがちです。

圧倒的な成功者を”教祖様”に見立て、それにすがる。まるで大好きな憧れのアーティストと同じ格好をするのと同じように「あの人が言うのなら間違いない」「これをすれば成功する」という思考になり、身も心もお財布までもが空になっている信奉者もいます。

しかし、残念ながら、同じことをしても”教祖様”と同じにはなれません。なぜならトップにいるような人は、ズバ抜けて世間から”ズレている人”なのです。

以前、年商数十億のスピリチュアル系女性社長と話したことがあります。信者から崇められているこうした”成功者”と呼ばれるような人は、桁違いの努力と群を抜く才能があるから成功しているのです。お金を払って、ちょっとした人生のノウハウを教えてもらっただけでは成功はしません。

自分の人生を改善するには”現実”を見るしかない

「私、これで人生納得しています。いつ死んでも幸せです」 そう心から思っているなら何も言いません。それはある意味で人生の成功者です。でも、スピ系が原因で人生を狂わされ、ダメな自分の状態を”スピリチュアル”で隠しているのなら改善が必要です。

その改善方法は「現実を見よ」。この言葉に集約されます。果たして自分は、本当にこれで幸せなのか、納得しているのか。改めてしっかり考えてみてください。

そもそも宇宙からメッセージが降りてくるのなら、なぜ、借金まみれになるのでしょうか。自分を客観視し、今自分に必要なことは何か。そう考え、行動することが本当の成功への道なのです。

みなさんの周りにいるスピ系はどんな人ですか。自分を変えることができるのは、自分自身でしかないのです。

※キャリコネニュースでは家族・知人がスピリチュアル・疑似科学にハマっている人あなたの職場のサイコパスなどのアンケートを実施しています。

著者近影

著者近影

【筆者プロフィール】ちばつかさ

合同会社komichi代表。柔道整復師、こころと体のコーディネーター、元プロ野球独立リーグ選手。東京と福井で投げ銭制の接骨院を運営しのべ10万人近くの心と体に向き合ってきた。野球経験とコーチングの経験を活かし都内で”野球を教えない野球レッスン”を運営。レッスン卒業生がU12侍ジャパンの代表に選出された。現在、心理学を学ぶため、アラフォーで大学在学中。【公式サイト】

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

人気記事ランキング

  1. 火山爆発で蘇るトラウマ「ブレンド米」を生み出した平成のコメ騒動とは何だったのか?
  2. ZOZO前澤友作社長のお金はどこから出てくるの? 国内14位の資産家でも「年収35億だとぜんぜん足りない」
  3. 「飼い犬が死んだので休みます」で、上司の意見がまっぷたつに分かれた! どちらが正しいと思いますか?
  4. 【ドラッグストア】働きやすい会社ランキング 地場企業強し!マツキヨなど業界大手を抑えた1位は…
  5. 残業が少ない証券会社ランキング 2位は月約25時間の大和証券「19時前の一斉退社が徹底されている。休日出勤も基本的にはない」
  6. 学校の設備で改善すべきだと思う所1位「トイレ」 医師の約8割「医学的見地から温水洗浄便座の設置が必要」
  7. 障害者は相模原事件をどう捉えたか 「ネットで加害者への賛同が多く、苦しかった」「自分のことを言われていると思った」
  8. 「おひとりさまを楽しめない」独身を決意した女性の抱える孤独「一人旅はめんどくさい。誰も来ないから部屋は荒れ放題」
  9. 「まずは社員と一緒に汗をかいてから」 新卒採用説明会で「運動会」を実施する企業が登場
  10. パワハラに不正、「内部告発したらどうなった?」―「自分が飛ばされた」という人も未だにいる模様

アーカイブ