「東京の雪はマジで危険」雪山育ちが送る最強アドバイス | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「東京の雪はマジで危険」雪山育ちが送る最強アドバイス

イメージ画像

雪道は危険!(画像はイメージ)

東京都内に1月6日、大雪警報が出た。雪国育ちの筆者が本気で思うのだが、東京の雪は超危険だ。私なら出歩かない。大真面目な話である。(文:中山道登)

凹凸のある靴で、両手に何も持たず、ゆっくり歩く

1月6日の気温は0~3度だが、この気温もヤバすぎである。氷点下が当たり前の雪国と違い、雪が地面で溶けてガチで滑りやすくなるうえ、風で凍るケースもあり、危険な場所を見極めにくい。特に夜間はそうだ。そういう意味で危険なのである。

もし、どうしても出歩かなければならないとしたら、まず確かめてもらいたいことがある。それは「靴底」だ。靴底に凹凸がしっかりある靴がないなら、基本的に外出しないほうがいい。転べば、自分が怪我をするだけでなく、他人も巻き添えにする可能性があるからだ。

そして、手が塞がるような荷物は、持ち歩かないことをお勧めする。これはバランスを崩したときに受け身をとるためだ。傘も危険なので、やめたほうがいい。

そのうえで、小さな歩幅でゆっくりと歩くのが良いと思う。

もし近くに靴店あれば「滑らない靴」や「靴に装着する滑り止め」を買っても良いと思う。また、いま出先でホテルが近くにあれば、泊まってしまうのも手だ。予報だと明日1月7日は、最高気温が9度まで上がる。今夜と明日の早朝を耐えればやり過ごせるはずだ。

怖がりすぎと言われるかもしれないが、私は雪山でなら雪の上を全力で走っている。靴底がしっかりしていて転びにくいうえ、万が一滑っても周りに人がいないので、迷惑もかけない。

そんな私でも歩く気がしないのが、「東京の大雪」なのである。自分ひとりの重みなら何とかなる気もするが、ツルツルの靴底の人が勝手にバランスを崩してぶつかって来られたら、ひとたまりもない。実際ぶつかられた経験もある。

というわけで、もし「どうしても、出歩かなければならない」場合は、きちんと底に凹凸がある靴を履き、手に荷物は持たずに、小さな歩幅でゆっくりと歩くのをお勧めします。どうか、みなさまお怪我をなさらないようにお気をつけください。

【PR】注目情報

関連記事

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ