月2万8000円から「定額タクシー乗り放題」 JTBの実証実験に高齢者は「外出しやすくなった」と大喜び | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

月2万8000円から「定額タクシー乗り放題」 JTBの実証実験に高齢者は「外出しやすくなった」と大喜び

高齢化社会に適したサービスの提供を

高齢化社会に適したサービスの提供を

近年、交通事故全体が減る一方、高齢者ドライバーによる事故は急増している。そんな中、大手旅行会社のJTBとタクシー会社が、福岡市の一部で70歳以上の高齢者を対象に「タクシー定額乗り放題」の実証実験を始めたことを、1月28日放送の「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)が紹介した。

71歳の小金丸和子さんは、去年運転中に事故を起こしてから免許証を自主返納した。娘さんはペーパードライバーで運転できず、外出にはタクシーを利用している。乗車の際に顔写真入りの登録カードを運転手に見せるだけ。あらかじめ行き先を指定しておき、その範囲であればタクシーを何度でも使えるしくみだ。

月2万8000円で「買い物」と「お見舞い」に利用

料金は設定した距離によって、2万8000円から6万4000円まで。小金丸さんの場合、自宅から10分ほどのスーパーと、母が入院している病院を行き先にして2万8000円。かつては自家用車の維持に月に約4万円かかっていた小金丸さんは、笑顔でこう語る。

「月々の経費からするとお得。ちょっとした買い物でも、外出しやすくなった」

母親が認知症気味なので、顔を忘れないよう見舞いは毎日。通常のタクシーなら、病院の往復が週2回で約3600円。スーパーの往復を週3回で約5400円。1か月で合計3万6000円ほどになり、毎日病院に通うことを考えると月2万8000円はかなりお得だ。

このサービスは、大手旅行会社JTBが福岡市内のタクシー会社と連携し、70歳以上をモニターとして始めた実証実験だ。4月からは全国の政令指定都市20か所で本格的なサービスとして展開する予定。JTB九州の藤本健輔さんは、ねらいをこう語る。

「身近なところでJTBという名前に接してもらい、他の旅行にもつながれば」

高齢者の運転は突然の体調不良など不安材料が多いが、免許を返納すべきと思っても移動手段がなくなるのは困る。JTBのねらい通りの波及効果があるかどうかは不明だが、こうしたサービスは高齢化社会に適したとても良いサービスだと思う。(ライター:okei)

あわせてよみたい:就活生は初乗り運賃タダ! 都内に「就活応援タクシー」が出現

 

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

人気記事ランキング

  1. 「夫の年収、いくらなら専業主婦でも大丈夫?」妊婦の問いかけに「都内で子ども2人だったら1000万でもキツい」と甘くない声
  2. 上司に出す印鑑は「左に傾ける」のがマナー? ネットは「狂ってる」「社畜魂だな」と大批判
  3. 社外の人の前で身内を「さん付け」はなぜダメ?「相対的に相手を下げるから」に納得できない人達
  4. 「勤勉な国は生産性が高いはず」 生産性本部会長のコメントに「勤勉にサービスしすぎるからダメなんだよ!」と専門家落胆
  5. なんでも否定から入る人って一体なんなの? 会話中に「でも」「いや」連発されてウンザリ
  6. 「専業主婦の母親に働いて欲しかった?」という投稿に 「小さい頃は良かったけど世間ズレしていく」など反響相次ぐ
  7. 産休・育休中の女性の6割が「保育士の待遇を改善すべき」と回答! 待機児童問題が解決する日は来るのか
  8. 東京で相次ぐ「コルク狩り」の背景 「ヤンキーにとってコルク半はステータス。よそ者がかぶっていると許せない」
  9. 「マナーが良い喫煙者は非喫煙者の前でタバコを吸わない」に賛否 気を使いっぱなしの喫煙者が「気の毒」という声も
  10. 過激すぎる?「少年ジャンプ」のお色気表現に賛否 「息子には読ませない」「エロは成長に必要」

アーカイブ