NEET株式会社、2年連続の追加メンバー募集! 魅力は「全国にニート仲間ができる」「株式会社の取締役という肩書が手に入る」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

NEET株式会社、2年連続の追加メンバー募集! 魅力は「全国にニート仲間ができる」「株式会社の取締役という肩書が手に入る」

メンバー全員がニートのNEET株式会社が8月15日、昨年に続き2度目の取締役メンバー追加募集を行うと発表した。8月27日に都内で説明会を行う。

応募条件は「どこの会社や団体にも雇用されておらず、学校や職業訓練機関にも通っていない34歳以下の若者」というニートの定義に大体当てはまる人であること。また毎年1人3000円の自社株購入が必須で、この資本金で会社の維持管理を行う。今年7月現在、取締役は96人となっている。

NEET株式会社への愛社精神が芽生え、「無くてはならない居場所」に

追加募集

追加募集

NEET株式会社が目指すのは、全員を取締役することで「従業員」をつくらず、会社や経営者のために働くのではなくメンバー各自が好きなように仕事や会社のあり方を考えていくコミュニティ。公式サイトには、

「ニートの救済や社会復帰を目指すものではなく、むしろ、社会の『働く』という枠組みからはみだした若者たちが救世主となり、新しい生き方やコミュニティのあり方を世に提示してくれるのではないか?という甘くて大げさなテーマをかかげていました」

とある。

NEET株式会社は2013年に設立。当初は全員が平等に議決権を持ち、運営方針の決定や事務手続きなども取締役メンバーだけで行っていく組織として活動。また多くの事業コンペなどを行い「ニートでも稼げることを証明しよう」としていた。

しかし意見の相違や対立が絶えず、ニートをやめて普通の社会人になるメンバーも続出。ただ一部メンバーには愛社精神が芽生え、同社が「無くてはならない居場所」になったという。

「充実したニート的人生を目指せる『居場所』に、全国から新しい取締役を募集したい」

そこで同社は、組織として一つにまとまることを諦め、稼ぐことにはこだわらないとした。事務手続きなどは外注に出し、メンバーが好きな仲間たちと新しい取り組みを自由に行える体制を作った。公式サイトでは、

「みんなバラバラでもいい。稼げなくてもいい。好きなやつとだけ組んで、好きなことだけすればいい。それぞれのニートがニートらしく、そして愉快に楽しく仕事や活動をすることで充実したニート的人生を目指すことができる新しい『居場所』に、日本全国からどんどん新しい取締役を募集したいと思います」

と呼びかけている。また、同社の特徴と魅力として

「日本全国に友達やニート仲間ができる」
「株式会社の取締役という肩書が手に入る(登記されます)」
「上司や業務命令・ノルマなどは一切ない。しかし固定給もない」
「もし稼げたら、その分はすべて本人がもらえる」

などが挙げられている。発起人であり代表取締役会長である若新雄純さんは、同社を「全ての個性やこだわり、ズレ・偏り、ややこしさや面倒くささを受けいれ、誰もが『存在してもいい』ということを保障できる(保障したい)場所」としている。取締役への応募は9月17日まで。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ