「月収1万円~200万円」「通勤・家事の合間でもOK」 高収入うたう情報商材で被害、最高額は165万円

ネットを使って簡単に稼げるといった情報商材

ネットを使って簡単に稼げるといった情報商材

東京都は4月24日、悪質な情報商材に関する注意喚起を行った。ネットを使って簡単に稼げるといった情報商材に関する相談は後を絶たず、都は消費者庁、島根県とともに調査を実施。業者名を公表した。

都によると、アシスト(東京都新宿区 解散)は自社ウェブサイトやSNS広告で、SNS登録者にネット上で簡単な作業をすれば誰でも高額な収入が得られるかのような文言を書き、参加費と称して1万5000円の情報商材を販売していた。

「作業はお好きなタイミングで!」「弊社が用意した資料を基に入力作業」