大阪府知事の会見を受け、2割が「うがい薬を買おうと思った」 買えた人はわずか2% | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

大阪府知事の会見を受け、2割が「うがい薬を買おうと思った」 買えた人はわずか2%

うがい薬、買えましたか?

うがい薬、買えましたか?

NEXERは8月6日、うがい薬に関する調査結果を発表した。調査は8月上旬にネット上で実施し、大阪府の吉村知事が4日に開いた会見内容を知っていた460人から回答を得た。

会見を受けて「ポビドンヨードを含んだうがい薬を買おうと思った」(20.2%)と答えた人は2割程度だった。

「購入したものの使っていない」という人も

だが、実際に「買おうとした」(9.1%)という人は1割にも届かない。9割以上の人は行動に移していなかった。

「実際に買った(買えた)」(2%)という人はさらに少ない。購入した9人のうち、コロナ対策としてうがい薬を使用しているのは8人だった。残りの1人は、購入したものの使っていないという。

WHO神戸は5日、ツイッターの公式アカウントでうがい薬は「感染を予防できる科学的根拠はない」とする見解を投稿。唾液に含まれる特定の微生物を数分間除去できるものもあるが、感染予防を意味するわけではないという。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ