【業界最大手】大和ハウス工業の平均給与はいくら? これだけもらえる優良企業

これだけもらえる優良企業の社員

これだけもらえる優良企業の社員

上場企業の財務諸表から待遇を探る「これだけもらえる優良企業」シリーズ。今回は、国内最大手のハウスメーカーである大和ハウス工業を取り上げます。

大和ハウス工業社員の平均年収は918万円

最新データ(2020年3月期)によると、大和ハウス工業社員の平均年間給与は918万4733円。ここ数期は右肩上がりに伸びており、2019年3月期より900万円台に乗っています。

  • 2016年3月期:862万9970円
  • 2017年3月期:879万1149円
  • 2018年3月期:893万7039円
  • 2019年3月期:907万3089円
  • 2020年3月期:918万4733円

この額には、賞与や基準外賃金(手当など)も含まれています。採用サイトによると、過去10年の賞与支給実績は平均8.12か月とのことです。

企業口コミサイト「キャリコネ」へ投稿された給与明細によると、34歳営業マンの年収は920万円。月の時間外手当は11万円。定期賞与が年2回で計280万円、インセンティブ賞与が100万円です。

この男性は勤務時間に不満はないものの、業務の準備やミーティングなどがあるため、9時前が始業にもかかわらず「7時半には来るのが暗黙の了解」となっていると書いています。

住宅手当が月6万円、出産祝いが100万円支給されるなど「福利厚生は充実している」と満足しています。

大和ハウス工業の業績は好調で、2020年3月期の売上高は前期比5.7%増の4兆3802億円、営業利益は同2.3%増の3811億円でした。

しかし2021年3月期はコロナ禍の影響をもろに受け、通期業績予想は売上高が前期比8.7%減、営業利益が同32.3%減となる見込みです。

大和ハウス工業社員の平均年齢は約39歳

次に、従業員数と平均年齢、平均勤続年数(ともに単体)を見てみましょう。

大和ハウス工業社員の平均年齢は38.9歳。ざっくり言うと、30代のうちに900万円の大台に乗る人が多いということでしょうか。

  • 2016年3月期:14,621人(38.5歳・13.9年)
  • 2017年3月期:14,994人(38.7歳・14.1年)
  • 2018年3月期:15,438人(38.7歳・14.1年)
  • 2019年3月期:15,901人(38.8歳・14.1年)
  • 2020年3月期:16,262人(38.9歳・14.2年)

このデータは本体(単体)のみのものですが、従業員数が安定的に増えています。グループ全体(連結)でも4期前から1万人近く増え、47,133人となっています。

大和ハウス工業のセグメントは、「戸建住宅」「賃貸住宅」「マンション」「住宅ストック」「商業施設」「事業施設」「その他」の7つ。

売上高の構成比では、事業施設の25.5%が最も大きく、次いで賃貸住宅の22.3%、商業施設の17.9%、戸建住宅の11.0%となっています。

営業利益では、商業施設の32.7%が最も大きく、利益率も17.3%と最高。これに事業施設の28.1%、賃貸住宅の22.9%が続きます。一方で、戸建住宅の営業利益構成比は4.2%しかありません。

営業系・技術系のキャリア求人あり

2021年3月期の上期決算説明資料によると、大和ハウス工業ではニューノーマルに対応した取り組みとして「テレワーク対応商品の販売」「郊外分譲地・マンションの販売強化」「高遮音性能の賃貸住宅商品の発売」をあげています。

これに加えて「物流施設の開発強化」「データセンター開発着手」など、新たなビジネスの拡大を図っていくとのことです。

キャリア採用のサイトには、「一般建築施工管理」などの技術系のほか、営業系として「流通店舗営業(商業用施設)」「建築営業(事業用施設)」の募集もあります。

ピンチをチャンスに変えようとする会社の新しい取り組みに携わりたい方には、魅力的な職場となるかもしれません。

—–

【面接対策】大和ハウスの中途採用面接では何を聞かれるのか