世帯年収600~800万円の声「給料が実労働時間に見合わない。都内在住者に”余裕”と呼べるものはない」(30代男性)

実労働時間に見合わない給料に不満を持つ人も

実労働時間に見合わない給料に不満を持つ人も

人の生活は収入によって変わってくるが、生活の充実度は勤務時間などワークライフバランスを抜きには語れない。世帯年収600~800万円のキャリコネニュース読者からは、

「残業はほぼない。週休2日で100%の有休取得率と、ほぼ満足の労働環境」(40代男性/福岡県/サービス系)
「コロナの影響で残業が出来なくなり、さらに生活が厳しくなっている。余裕はなく、弁当を持参する日々」(20代男性/愛知県/メーカー系)

といった声が寄せられている。また東京都の30代男性(IT・通信系)は、

「転職して年収が2倍に。在宅勤務と出社がフレキシブルに選択できる。もともと必要最低限のもので生活する習慣があり 貯蓄もできて満足している」

という。メーカー系に勤務する京都府の30代男性も「前職では半分の年収しかなかった」と語る一人だ。(文:鹿賀大資)

「仕事の仕方を間違えなければ無駄な残業もない」