「仕事で死にたいと思ったことがある」と芸能人の3割 「精神的にも肉体的にもハード。身体を壊しやすい仕事です」と現役俳優語る

俳優業の裏側に迫る

俳優業の裏側に迫る

三浦春馬さんに竹内結子さん――。人気俳優らの自死が相次ぐ中、「仕事が原因で死にたいと思ったことがある」と回答した芸能人が3割にものぼるという調査結果が明らかになった。

日本俳優連合は11月1日、「フリーランス芸能従事者の安全衛生に関するアンケート」の中間集計結果を発表した。調査は9月からネット上で実施しており、現在も継続中。今回は11月1日までに集まったフリーランスの芸能従事者178人の回答をまとめた。

「仕事が原因で死にたいと思ったことがある」は回答した人は29.2%。このほか「徹夜で仕事をしたことがある」(85.4%)、「食事が規則的でない」(60.2%)、「仕事中にハラスメントを受けたことがある」(54.5%)と答えた人も多かった。

女性は4割が膀胱炎を経験「健康維持に相当気を遣わないと難しい」