年収1000万超でも激務な人々の嘆き「年中無休で土日は接待ゴルフ」「睡眠時間3時間」

男性は年収1400万円、休みは日曜と祝日のみ。平日は9~20時まで働き、土曜だけは9~17時勤務になる。仕事については「ストレスがかなりきついです」と不満を漏らしているが、プライベートを楽しむ余裕もあるようだ。

「子ども2人の4人家族です。家族での外食は月2~3回、平均5000円以下です。スーパーで買い物する際は、食べたいものを選べます。泊まりの旅行は、年末年始・ゴールデンウイーク・お盆と両方の実家に行くぐらいです。それ以外に旅行はしていません」

一方、税金については「住民税と所得税が厳しいです。この年収帯では国保もマックス負担になります」という。行政支援についても年収制限により「児童手当や学費無償化などは対象外」と付け加える。

「手当関係が完全にもらえるなら、子どもも4~5人は欲しかったです。現状、2人で手一杯なので、3人目は諦めました。子どもを増やしたいなら、まずは子育て世代に税金を使わないと……」

男性は「だから子どもが増えないんですよ」と国に投げかけている。

「今年の初出社は1月3日。それ以降、まだ一度も自宅で寝ていません」

東京都の50代女性は年収1300万円だが、「3つのポジションを兼務しており管理職もやっているので24時間ずっと仕事をしているか、仕事のことを考えている」と嘆く。

福島県の30代男性も年収2000万円と高給取りだが「年中無休で土日は接待ゴルフが待ち構えています」と毎週接待のようだ。新型コロナウイルスでこの激務具合が少しでも緩和すればいいのだが、中々難しそうだ。

ほかには、

「今年の初出社は1月3日。それ以降、まだ一度も自宅で寝ていません」(40代男性/東京都/サービス系/年収1200万円)

といった声も寄せられた。

※キャリコネニュースでは引き続き【読者投稿】年収1000万円以上で激務の人【募集】仕事を即効で辞めた人に関するアンケートを募集しています。