年収300万円男性の「婚活パーティーを国が運営すれば、結婚も子どもも増える」に反響 「問題はそこじゃない」とツッコミも

「問題はそこじゃない」とツッコミも

「問題はそこじゃない」とツッコミも

キャリコネニュースが11月14日に配信した「年収300万円の20代独身男性『国は婚活パーティーに税金を使うべき。そうすれば結婚したい人も子どもも増える』」という記事がネット上で話題となった。

記事は”年収300万円の単身20代”の声を紹介したもの。特に、都内在住の個人事業主の男性に注目が集まった。男性は「結婚はしたいと思っているが、現在の年収では、結婚はできても子どもを養うお金がない」などと不安を述べた上で、「婚活パーティーの活動やシステムを国が運営すべき」と提案。さらに、

「婚活パーティーへの参加を希望する人には、年収に応じて参加料を無料にする仕組みを作ってみてはどうだろうか。結婚をする人や子どもも増えていくのでは」

と意見すると、これに疑問の声が寄せられた。(文:okei)

「パーティー程度の費用すら出せない人が結婚して大丈夫?」