“働く気が失せる” 年収1000万円の40代男性、税金に不満「頑張れば年収が増えてリッチになると思ってたのに……」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

“働く気が失せる” 年収1000万円の40代男性、税金に不満「頑張れば年収が増えてリッチになると思ってたのに……」

高収入のサラリーマンであることがバカバカしく思えることすらあります

高収入のサラリーマンであることがバカバカしく思えることすらあります

日本は健康保険や年金、各種助成などの社会福祉が充実している一方で、所得から差し引かれる税金は決して安くない。特に、給料天引きで税金が徴収され、経費もほとんど発生しないサラリーマンのキャリコネニュース読者からは、現行の税制度に対する不満の声が多く寄せられている。

「行政支援も、高所得者は所得制限で使えません。無駄なキャンペーンで税金を使われると、高収入のサラリーマンであることがバカバカしく思えることすらあります。せいぜい中所得者より少しだけいい生活ができるくらい。よく『高収入でいいね』と言われますが、無条件で良くなったわけではなく、努力を積み重ねてきた結果なのに理解してもらえない」(東京都/40代男性/不動産・建設系/年収1800万円)

ほかにも、キャリコネニュース読者から寄せられた「税金に苦しむサラリーマンの声」を紹介する。(文:大渕ともみ)

「高給を稼ぐサラリーマンは、稼ぐためにどんな努力をしてきたと思っているのか」

都内在住の40代男性は年収1300万円。不動産・建設系の企業で正社員として働くが「サラリーマンはどう頑張っても節税なんかできやしない」と累進課税で課される高額な税金に異議を唱える。

「高給を稼ぐサラリーマンは、稼ぐためにどんな努力をしてきたと思っているのか。現在の税制に物申してもハイハイと聞き流され、国はほくそ笑みながら徴税していく。年収は、今まで歩んできた人生の通知表です」

労働意欲が削がれる現行の税制度「高収入のサラリーマンばかり負担が増えている」

大阪府に住む40代男性は年収1000万円だが「高収入のサラリーマンばかり、負担が増えているように思えてなりません」と嘆く。

「高収入になればなるほど、税金等の給料天引きが増えます。さらには、子どもの医療費助成対象外・高校授業料無償化対象外・児童手当は減額……。まったく余裕のある生活ができず、働く気が失せます」

男性は「頑張って働けば年収が増えて、リッチな生活ができると思っていたのに」と不満を漏らす。年収が増えても、手取りが増えなければまったく意味がない。日本の経済を支えるサラリーマンの労働意欲を削がないよう、現行の税制度の一部見直しが必要なのかもしれない。

※キャリコネニュースでは引き続き「税金が高くて怒っている人」【募集】仕事を即行で辞めた人に関するアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収500万円の男性、税金に怒り「毎月9万円近く引かれる。国は車を長く大切に乗るには"金を払え"という」

「なんだかんだ税金がエグい」年収1000万円以上でも「結婚後の現実は厳しい」に注目集まる

年収1200万円の40代男性、「日本は間違っている」と激怒 「働いても働いても税金を多く取られる。なぜ政治家は身を削らないのか」

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ