初代『バイオハザード』の思い出 「ハンター登場ムービーで焦る」「ラジコン操作めんどくさい」

『バイオハザード』の想い出は?

『バイオハザード』の想い出は?

1996年。カプコンからプレイステーション用ソフト『バイオハザード』がリリースされた。ジャンルはサバイバルホラー。海外でも『Resident Evil』というタイトルで人気の本作、謎解きをしつつゾンビと戦いながら進めるタイプのゲームでリリース当初はあまり人気がなかった。

ところがしばらくして口コミで話題に。僕が本作を初めて遊んだのは、たしかリリースから既に1年以上経過していた頃だったような。最初は操作方法が特異で、なかなか思うように進めないことからストレスも感じたんだけど、これはもう仕方がないこととして必死で慣れた。

ただ、操作に癖こそあるが、全体的な雰囲気については、悪い評判はなかった。今回は初代『バイオハザード』の思い出を今更ではあるけど、振り返ってみよう。(文:松本ミゾレ)

「犬が怖かった」「クランクをこれで知った」