【ゲーム業界】カプコンの平均給与はいくら? これだけもらえる優良企業

あの会社の社員の平均年収はいくら?

あの会社の社員の平均年収はいくら?

 

上場企業の財務諸表から待遇を探る「これだけもらえる優良企業」シリーズ。今回は、「ストリートファイター」や「バイオハザード」「モンスターハンター」などのヒット作で知られる、ゲーム会社のカプコン(東証一部)を取り上げます。

カプコン社員の平均年収は約600万円

最新データ(2020年3月期)によると、カプコン社員の平均年間給与は599.8万円。ここ数期は右肩上がりに伸びており、2期前と比べて37万円あまり増えています。

  • 2016年3月期:564.3万円
  • 2017年3月期:571.2万円
  • 2018年3月期:562.7万円
  • 2019年3月期:588.5万円
  • 2020年3月期:599.8万円

この額には基準外賃金(手当等)および賞与が含まれています。

企業口コミサイト「キャリコネ」に投稿された給与明細によると、販売関連職の22歳男性の年収は290万円。基本給が月18万円、年2回の定期賞与は約4ヶ月分の74万円とのこと。なお、募集要項の「総合職」の初任給には、月の基本給は18万7500円、年俸が300万円とあるので、厳密にはこの金額をもらっているものと見られます。

この男性によると、カプコンでは「年俸制を導入しており、新卒(入社後)は3年間昇給率が同じ(差がつかない)」。勤務時間には「特に問題を感じていない」「社宅がオフィスから自転車で30分圏内にあるので通勤が非常に楽」「財形貯蓄、持株会など福利厚生は整っている」とおおむね満足げです。

カプコンの売上高はここ数期右肩上がりに伸びており、2019年3月期は1000億円を突破しましたが、2020年3月期は816億円にまで減っています。その一方で、2020年3月期の営業利益は前期比25.8%増の228億円に達し、最終利益は同27.1%増の159億円と過去最高を記録しています。

2021年3月期も好調は続き、通期予想は売上高が前期比12.8%増、営業利益が同33.6%増、最終利益が同31.7%増の210億円となる見込みです。

カプコン社員の平均年齢は37歳

次に、従業員数と平均年齢、平均勤続年数(ともに単体)を見てみましょう。

カプコン社員の平均年齢は37.1歳。ざっくり言うと30代後半で600万円台をもらう人が多いということでしょうか。

  • 2016年3月期:2,114人(36.4歳・9.7年)
  • 2017年3月期:2,194人(36.6歳・10.0年)
  • 2018年3月期:2,426人(36.6歳・9.8年)
  • 2019年3月期:2,530人(36.8歳・10.0年)
  • 2020年3月期:2,688人(37.1歳・10.2年)

ここ数期でカプコン(単体)の従業員数は右肩上がりに増えていますが、グループ全体(連結)では2016年3月期の2,839人から2020年3月期の2,988人へとほぼ横ばいです。

カプコンのセグメントは、家庭用ゲームおよびモバイルコンテンツの開発・販売を行う「デジタルコンテンツ事業」と、ゲーム機等を設置した店舗の運営を行う「アミューズメント施設事業」、店舗にパチスロ機などを販売する「アミューズメント機器事業」の3つ。「その他事業」としてキャラクター関連のライセンス事業なども行っています。

主力事業は「デジタルコンテンツ事業」で、2021年3月期第3四半期の報告セグメント内売上高構成比は78.1%、同営業利益構成比は90.8%。コロナ禍の影響もあって「アミューズメント施設事業」の売上利益は減っていますが、他の2つの事業は伸びています。

ゲーム制作メンバーを募集中

カプコンでは、ゲーム開発に関わる「開発職」と、それ以外の「総合職」に職種を分けているようです。開発職には「プログラマー」「デザイナー」「企画」「サウンド」、総合職には「事業管理」と「店舗運営」があります。

カプコンは幅広い職種で中途採用を実施しており、3月初旬には業界経験者を対象に、ゲーム制作メンバー40職種を募集する説明会をZoomを使って配信予定です。

特にエフェクトデザイナーやアニメーターは積極的に募集しており、特別サイトが設けられています。eスポーツの「ストリートファイターリーグ」など成長が見込まれる分野も手掛けており、ゲーム業界で働きたい人には魅力的な職場となるかもしれません。

—–

現在年収800万円以上で、更なる年収アップを希望している方へ。