「管理職つらい、採用が終わらない」アラサー独身管理職の悲鳴 「女性社員を採用してもすぐ妊娠、全員いなくなった」

女性社員に罪はないが……

女性社員に罪はないが……

妊娠、出産は一般におめでたいものだ。とは言え、雇用する度に妊娠、そして退職や休職をされていては、思わず頭を抱えたくなる管理職もいるかもしれない。はてな匿名ダイアリーに3月上旬、「採用した社員が妊娠して全員いなくなった件。」というエントリがあり注目を集めた。

投稿者は、地方の零細企業で中間管理職を務めている。アラサー独身、彼氏ありという人物だ。部署は3人チームで、投稿者のほかに男性1人、女性が1人という体制。「残業は月10時間未満でそこそこ地方にしては給与がよい」というが、昨今の不況もあり、これ以上の事務方を雇う余裕はないという。

事の発端は半年前だった。女性が突然妊娠を打ち明け、退職したのを皮切りに、その後も女性を雇う度にすぐに妊娠が発覚。2人続けて休職していったという。(文:okei)

「私は人柱になる覚悟をした」