実家が資産家の20代男性の悩み「自分は年収400万円。なんでこんな会社で働いているのかと自問自答してしまう」

「当たり前と思っていた食事は、実は当たり前ではなかった」

「当たり前と思っていた食事は、実は当たり前ではなかった」

実家が裕福、という人は少なからずいる。野村総合研究所では「純金融資産保有額」が5000万円以上1億円未満の層を「準富裕層」と定義している。1億円以上5億円未満が「富裕層」、5億円以上が「超富裕層」だ。

不動産建設系の20代女性の実家は地方都市でマンション3棟を所有しており、金融資産が2億円以上ある。自身は年収300万円で、「普段は特に目立った贅沢はしていない」とコメントしている。ほかに実家が裕福な人はどんな生活を送っているのだろう。

「当たり前と思っていた食事は、実は当たり前ではなかった」