「手取り14万、年収250万。転職を10回くらいして今が最高年収」と語る女性 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

「手取り14万、年収250万。転職を10回くらいして今が最高年収」と語る女性

画像はイメージ

キャリコネニュースで「手取り20万円以下」をテーマにアンケートを実施したところ、福岡県在住の女性(不動産・建設系/正社員)から、こんな切実な声が寄せられた。

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下」の方にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「手取り14.3万円、賞与は36万を年2回。地元では悪くない方」

女性は42歳で、年収はおよそ250万円。仕事は「経理事務と雑用で、勤続2年目。家族は夫、子ども2人」とのこと。自身の収入について、詳細をこう明かす。

「毎月の総支給額18万円で健康保険料(介護保険含む)、厚生年金保険料、雇用保険料、所得税、住民税を引かれて、手取り14万3000円です。賞与は夏36万、冬36万。転職を10回くらい経験済みですが、今が最高年収です。地元では悪くない方だとは思います」

ただし、これで満足しているわけではなく

「では勤務時間や仕事内容に見合っているかと訊かれたら、満足はしていません。『事務員はこの程度』という風潮なのだとあきらめています。実際、会社に利益をもたらすことはできませんから」

と諦めを綴っている。

「将来を考えず会社を選んだ私たちが間違えていたのだと、今ならわかります」

女性は「それよりも、夫の手取り額の方が寂しいものです」と夫の収入についても言及。

「(社会保険料等の他に)労働組合費、その積立費、絶対加入の共済保険代、駐車場代などで毎月8万円くらいは引かれ、手取りが、20万円未満の月もあります」
「こちらも日本経済にのっかってのことでしょうから、あきらめています。ただ、毎日、真面目に働いてこの金額なのは、失礼ながら、かわいそうだなと思ってしまいます」

という声が痛切だ。

「会社の賃金テーブルがそうなっているし、そういう職業なので、個人の能力でどうにかなることではなく、将来のことをよく考えずにこの会社を選んだ私達が間違えていたのだと、今ならわかります。若い時は、わかりませんでした」

と女性は振り返る。ただ、「皆そうだから」という思いもあるようで、最後にこう綴っていた。

「昔は景気の良い会社だったそうですが、先のことは誰にもわからないから、仕方ないと思っています。たくさん稼いでいらっしゃる方もいますが、同じくらいの稼ぎの知り合いがほとんどなので、うちだけではないので、不安はないです」

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ