【国勢調査】東京圏への人口集中が止まらない! 地方創生は「絵に描いた餅」になってしまうのか

総務省は2月26日、2015年の国勢調査の結果を発表した。日本の総人口は1億2711万人で、1920年の調査開始以来初の減少。ただし東京圏の人口は増加を続けており、一極集中がますます進んでいるようだ。

調査結果を見ていくと、東京の人口は1351万人で全国の10.6%を占めている。次に多いのが神奈川の913万人、その後が大阪(884万人)、愛知(748万人)、埼玉(726万人)、千葉(622万人)となっている。

東京、神奈川、千葉、埼玉の東京圏の人口は、5年前と比較して51万人も増加。3613万人となり、総人口の4分の1以上を占めている。

「東京で二回目の五輪を開こうという時点で、もはや先は見えた」