不採用通知ってわざと遅らせて送っているの? 2万人を面接した「プロ人事」の曽和利光氏に聞いてみた

不採用通知、早く教えて!

曽和利光氏(人材研究所のウェブサイトより)

就職活動や転職活動でもっとも緊張する瞬間といえば、採用の合否を知るときだろう。ナビサイトのマイページをクリックする手が震えたり、電話を取る手に汗をかいた経験がある人も多いのではないだろうか。

合否が分かるまでの間も心が落ち着かない。「結果は1週間後に連絡します」といわれた場合、採用なら報われるが不採用のときは、無駄に一週間緊張しただけに思えてしまう。ツイッターにも3月26日、こんな投稿が寄せられている。

「採用活動で不採用にした人への連絡、大抵は一瞬で判断ついてるのに『真剣に検討した』演出をするために無駄に数日置いてみたり、求人サイトの管理画面にも『○日後に自動的に不採用メッセージを送る』みたいな機能があったりするんだけど、求職者にとって迷惑極まりないからこの風潮どうにかしたい」

「無理なら無理って最初から言って!!!」