女性活躍推進法の「行動計画」 対象企業の約3割は、届出が間に合ってない模様

「計画」だけ出しても意味はないけど

「計画」だけ出しても意味はないけど

安倍政権が掲げる看板政策のひとつ「女性活躍推進法」が、4月1日に全面施行された。労働者301人以上を雇う企業に、女性の採用率などの数値を盛り込んだ「行動計画」の策定と、ホームページなどでの公開が義務付けられた。

ところが厚労省の調査によると、4月1日時点で「行動計画」を届け出た対象企業は、全国平均で71.5%どまり。約3割の企業が間に合っていないようだ。4月1日時点での届出率が高かったのは秋田県(95.1%)、大分県(92.5%)、埼玉県(90.0%)。逆に低かったのは広島県(51.4%)、大阪府(51.9%)、沖縄県(53.4%)だった。

政府目標が30%なのに「当社は10%」とは公表しにくい?