【新宿ゴールデン街火災】クラウドファンディングで被災店舗への支援スタート 国内外から70万円集まる

4月12日の火災で、計4棟6店舗がほぼ全焼してしまった新宿ゴールデン街。事件から3週間経ち、街は以前の活気を取り戻しつつあるが、やはり全焼となってしまった店舗は営業再開の目処が立たない。

そうした中、被災店舗を支援する動きがスタートしている。発起人は火元となった建物の1階に入っていた老舗バー「流民」の常連客の竹中直己さん(35)。クラウドファンディングサイト「GREENFUNDING」で、「やけどを負ったゴールデン街に愛の手を」という支援プロジェクトを4月21日に立ち上げ、5月2日までに約70万円の見舞金が集まった。

「お店が力強く復活する日を待っています」「大切な場所です」

プロジェクトページ

プロジェクトページ

「流民」は4月12日の火災で全焼。翌13日には火災当日に同じ建物の2階へ無断で立ち入ったとしてホームレスの男性が逮捕され、放火の疑いも浮上した。しかし、プロジェクトページによると、原因が特定されるまで店は火災保険に頼ることができず、営業再開の目処は立っていない。

「流民」をはじめとした全焼・半焼店舗だけでなく、火災で一部修理が必要となった店舗の中にも営業再開できていない店がある。竹中さんは「飲食店街は日々の営みが、その人の生活を支えます」とし、被災店舗が一刻も早く営業再開できるよう、見舞金を募ることにした。