「『少年ジャンプ』は女性読者のせいで劣化した」という説は正しいのか 「聖闘士星矢の頃から女子はいた」と批判続出

少年漫画誌の売上のトップを走り続ける「週刊少年ジャンプ」(以下ジャンプ)。読者は少年だけにとどまらず、大人や女性からも愛されている。

しかし、中には女性が読むことを快く思わない人もいるようだ。5月7日に男子大学生が「偏見的な見方だけど、明らかにジャンプ漫画を劣化させたのは女子のマーケット参入だ…」とツイッターに投稿した。

男性は、女性読者がキャラクターを重視してお金を落としたことによって「本来のストーリーを捻じ曲げたし、結果的に漫画のアンケート操作が横行した」と指摘。「ジャンプ市場に直接介入しないで設定画集とかだけ買って満足してくれ…」と訴えている。

腐女子ウケ狙ってる? 「ドンドン少年の読み物じゃなくなっている気はする」という人も