追いつめられて失踪する前に… 高卒生には「転職を前提とした就職指導」をするべきだ

「一生同じ会社」なんて理不尽だ

「一生同じ会社」なんて理不尽だ

先日、採用担当者として高校教員との意見交換会に参加しました。高校生の就職をより良い形にするための方法を探ることがテーマでした。最初は「企業はどんな人材が欲しいのか?」「面接で何を見ているのか?」といった話題でしたが、いつしか「離職率」の問題に移っていました。

新卒者の離職率は「七五三」と呼ばれ、中学、高校、大学を卒業した後、3年以内に離職する割合が、それぞれ約7割・5割・3割にのぼっています。そして高卒離職者の5割の中には、悲惨な経験をして会社を辞めていく若者も少なくないのです。(文:河合浩司)

「真面目な子ほど、ギリギリまで続けてしまう」