福井・若狭町の給食センターに「排便の自由」が戻る ネット歓喜「人民が勝ち取った感が半端ない」

福井県若狭町で発生した集団食中毒を受けて、同町の給食センターが調理員に対して勤務時間中の排便を禁止するという前代未聞のマニュアルを作成し、ネットでは「人権侵害」「これが本当のクソマニュアル」など批判が続出。その動向が注目される中、6月28日、同町マニュアルから排便に関する項目の全廃したと毎日新聞が報じた。今回の騒動を振り返ってみる。

批判を受け「排便禁止マニュアル」全廃、「人権問題になる恐れ」