「無断欠勤を許容すれば、仕事の効率や品質も上がる」 子育てママのパートタイマーを応援する工場長に思いを聞いてみた

女性にとって育児と仕事の両立は、頭の痛い問題だ。身体の弱い子どもがたびたび熱を出し、通院や看病で仕事を休みがちになると、同僚から白い目で見られ、「あの人だけ休めて不公平」「迷惑だ」などと陰口を叩かれる――。そんなケースは多いことだろう。

そんな中、大阪にある水産会社では、子育て中のパートタイマーに「好きな日に連絡なしで出勤・欠勤できる」制度を3年前から導入しているという。これにより従業員の自主性が増し、業務の効率や品質も上がったとか。そんなことが可能なのか、取材してみた。

ネットは称賛「社畜には信じられない働きかた」