貧困家庭の子どもは抑うつ、不安リスクが最大1.6倍! 日本医科大の調査で明らかに

思えば不自由な子ども時代を送ってきた。32年前、僕はシングルマザーの子として生を受けた。父は蒸発し、なぜか借金が残されていた。家は長屋のような市営住宅で、よく虫が入り込んでいた。

「ド貧乏」とは、まさに僕の子ども時代の生活水準のことを指していたのだろう。いまや何とか人並みの生活をしてはいるが、未だにブランド物や高級車に食指が動かないのは、骨の髄まで貧民根性が染み込んでいるからだろう。それはそれで堅実だし、何にも問題ないんだけど……。(文:松本ミゾレ)

高所得家庭の子もリスク1.3倍、やっぱり普通が一番?