「○○君が掃除をサボってました!謝ってください!」 小学校の「帰りの会」はなぜ吊るし上げの場になっているのか

突然だけど、小学校に通っていた時、帰る前に「終わりの会」や「帰りの会」といったホームルームがあったことを覚えているだろうか。

することと言えばなんのことはない。先生が「気をつけて帰るように」みたいな話をしたり、親御さんに渡すためのプリントを配ったりとか、そういう些細な、5分程度のものだった。しかしこの終わりの会が、10分。いや1時間になることもあった。そしてその主な原因が、いわゆる学級裁判であった!!!(文:松本ミゾレ)

傍聴人はクラスメイト!裁判官は教師!弁護人ゼロ!