今のネットには心に余裕がない人が増えすぎている? そもそも余裕がないからネットするのでは

今や当たり前なものとなったインターネット。日々SNSやネットサーフィンなどで、インターネットのお世話になっている人も多いことだろう。(文:松本ミゾレ)

かく言う僕もその1人だ。ネットショッピングのおかげで、家から出ることなく、欲しいものを買い集めることができている(ただし、死ぬほどダンボールが溜まる)。

こんな便利なツールだからこそ、上手に使いたいんだけど、現実にはそう理想通りには行ってない。ネットの世界って、嫉妬、中傷、いがみ合いのオンパレードだ。画面越しに攻撃して、叩いて、毒を吐く。こういう風潮はもはや当たり前のものになってきている。

以前、「日本のネットはなぜこんなに陰湿?」というコラムに書いたこともあったが、リリース後、即座に名指しで「日本のネットが他の国と比べて陰湿であるという証拠も出せないコイツはクソ」と書かれてしまった。僕は別に他国と比較しようとしてないのに。

このように現在のネット社会は、何かを発信するだけで中傷がセットになりやすい。

マウントの取り合い、承認欲求のぶつけ合い、そのくせ権威主義