「就職の先」を見据えた立命館大学 大学・学生・卒業生一丸となったキャリアサポートが人生設計にも生かされる

少子化の影響は大学にも及んでいる。入学志願者が減少する中、「就職サポート」に力を入れ、新たな魅力として打ち出している大学も少なくはない。

そんな中、学校側・学生・OBOGが一丸となって、生涯のキャリア形成も視野にいれたサポートを行っている大学がある。関西トップクラスの私大「関関同立」に名を連ねる、立命館大学だ。同大が2月24日、丸の内にある東京キャンパスで、キャリア支援の取り組みや独自の「スチューデントネットワーク」などの事例を紹介するプレスセミナーを開催した。

充実した学生生活が、満足のできる進路につながる