「残業200時間でも“殺すぞ”って言われても、ウチはいい会社」CM制作会社勤務(29歳女性)の場合

【シリーズ残業100超】電通の過労自殺事件を受けて、広告業界の長時間労働がより問題視されている。当の電通は事件後、22時以降は消灯するなど改善に取り組んでいるが、業界全体の働き方は変わったのだろうか。

今回、都内の広告制作会社に勤める浅井沙也加さん(29歳・仮名)に話を聞いた。取材を快諾してくれたが、インタビュー開始3時間前に浅井さんから連絡が来た。

「今日の取材、交通費払うのでこっちまで来てください」

交通費は丁重にお断りしたが、約束は土曜日の19時。普通に電車が動いている時間だし、指定された場所は新橋駅前。むしろこちらが交通費を支払う立場なのだが……。取材を通して、この感覚のズレは浅井さんの度を過ぎたワーカホリックぶりから来ているのだと分かった。

電通過労死事件後にタイムカード導入、それでも残業227時間