「電車は男女別にすべき」――痴漢疑いからの「線路逃走」相次ぎネットで議論

「電車内などで痴漢に間違われたら、逃げた方がいい」――ネット上でこのような噂を聞いたことはないだろうか。そのためか痴漢を疑われた人が逃走する事件が相次いでいる。

5月に入ってからだけでも11日にJR新橋駅のホームから痴漢を疑われた人が線路に飛び降りて逃走。12日にはJR上野駅から逃走した40代男性が、その後近くのビルから転落して死亡した。そして、16日にも東急田園都市線青葉台駅のホームから線路に飛び降りた男性が電車にはねられて死亡するなど、異様な事態になっている。

そんな中、オープン2ちゃんねるに5月15日、「電車って男女別にするべきだよな」というスレッドが立った。女性専用車両だけではなく、男性専用車両も作れば「痴漢も痴漢冤罪も解決する」というのだ。

「車両ごと分けるだけだから、カメラ設置と違って金掛からんし」
「痴漢で一々車両止めなくていいし事故も減るしで鉄道会社側も助かるだろ」

とスレ主は書き込んでいる。

「男女分けたら通勤ラッシュのとき大変」という意見も